Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

何とか勝ち上がりましたが次はリーグ戦

全ての山形サポーターにとって強烈なトラウマと強烈な思い出のある天皇杯長崎戦でした。dazn中継に慣れすぎていて、天皇杯がネットで見られないのを残念に思った人もいるのではないでしょうか。

 

その長崎戦は90分が終わり決着が付かず延長戦へ。その延長戦で瀬沼選手がゴールを決め、1-0で辛うじて勝利し3回戦へと駒を進めました。瀬沼選手が最近輝いていますね。チャントを作ってほしいとの声も聞こえていますが、もしかしたらチャントが出来るかもしれません。

今後の試合の事を考えれば、勝てば過密日程になってしまうのですが、ホームで鹿島と戦えるというのは良い経験が積めるという意味でとても大きいので勝ち抜けて良かった、と思っています。決して楽な相手でない事はわかってはいますが、それでもただの経験で終わらせるのではなく、あわよくば勝利と行きたいです。

 

そして、次節は徳島ヴォルティス戦です。なお天皇杯で警告2枚で退場した永藤選手については、出場停止は同一大会で消費されるようなので出場はできるようです。

徳島の試合は何試合か見たのですが、去年からの主力メンバーがほぼ残留しそこに新監督リカルド・ロドリゲス氏の手腕も加わり好調を維持しています。決定力のある選手が前線にいて更に隙が無いというのはとても嫌な相手ですね……。しかもこれで監督が率いて1年目ですか。もっと熟成されたらどうなるのでしょうか。

このように、何となく上手く行っている、というだけでは徳島は通じない相手です。そして相手は、その隙を突こうとするでしょう。そう、横浜FC戦の山形のように。このような状況であるからこそ、初心を忘れずに気を引き締めて戦い、勝ちましょう。

勝ち点1でも、と考えたその顔の裏に

横浜FC戦はdazn観戦していました。三ツ沢はある年はだいたい行っているので、行かなかったというのは何年ぶりでしょうか。湘南行ったばかりだったりとかもあったので色々あってね……。

とりあえず横浜のメインスタンドにファミマのスポンサー幕っぽいのがあったのでよく見たらそれがファミマ入店音がチャントである野村選手の横断幕でした。こういうのは結構面白いと思います。

 

さて試合の方ですが、これもまた劇的な幕切れでした。両チーム消耗戦と言っても言い過ぎではないこの試合、最後の最後に投入されたボランチの松岡選手を見て、「山形は勝ち点1でも取れれば……」と言っていて、私自身も相手は上位だし点取られなければ十分だ、と頷いていましたが詰めの甘さを反省しました。勝ち点1狙いでもと言われた松岡選手も含んでの勝負のカウンターが見事にはまり、引き分けかと思われた一瞬の隙を突いての瀬沼選手のゴールで1-0と勝利しました!

これ現地のサポーターも感動したのではないでしょうか。ましてやピッチの近い三ツ沢、ダイレクトに決まっての興奮は何物にも代えがたいでしょう。daznで見ていたのですが、ホームの声援にも負けないくらいの応援、しっかり聞こえていました。

とはいえ、紙一重の勝負であったのも確かです。ここからは強豪との対戦が続きますので、より一層気を引き締めて今後の試合に臨んでいただきたい所です。

 

さて、今週は週の半ばにも試合があります。天皇杯のV・ファーレン長崎戦です。なんと、この試合に勝てば今ならホームで鹿島とやれます!……と、今話題の高田社長風に言ってみました。山形にもこういう人が来ないでしょうか。それとも将来を見据え今から育てた方が良いのでしょうか……。

山形も負け無しですが長崎もそれ以上に負けなしである上、リーグ戦では手痛い敗戦を喫してしまっているので調子が良いから、と油断することなくこの長崎戦に挑んで欲しいです。メンバーは誰が出てくるのかは読めない状況ではありますが、この試合で復帰する選手やあるいはレギュラーを狙っている選手の活躍で、この天皇杯でひとつでも上に行けるように勝ちましょう!

2016.11.3の忘れ物を取りに来ました

アウェイゲームではネタ探しも兼ねて行かない試合でも相手チームの公式に行って山形戦をどう告知してどんなイベントがあるかを見ているのですが……。

 

http://www.yokohamafc.com/kickoffevent/57763

>味噌芋煮うどん

>味噌芋煮うどん

 

山形芋煮警察だ!山形との対戦時でその芋煮を出すなんて逮捕する! 芋煮は牛肉醤油味である!庄内風は認める。ただこの世に蔓延る味噌味の芋煮はだいたい仙山線の向こうっぽいのであるので。

仮にうどんにするとしても芋煮カレーという手もあったのに味噌の芋煮うどんとは……。横浜FCサポーターのエリアで出すメニューだからってこれは山形サポーターとして許しがたい……。

まだファジアーノの一体山形のどこで食べられてるんだと突っ込みたくなるおでんが可愛く見えます。

 

フリ丸あんぱんは美味しそうですね。

 

さてそれはともかく横浜FC戦です。前回の対戦は忘れもしない三ツ沢でJ1残留を賭けての試合、しかもその前に選手の逮捕という自体もある中でサポーターがまとまって応援しチームに熱いエールを送りましたが、一旦追い付くも終盤に失点してしまい1-2で敗戦となってしまいました。その時は、サポーターがここまでまとまっていたら大丈夫だという気持ちと、このままズルズル行ったらどうしようという気持ちで試合後揺れ動いていました。全くもって余裕のない、そんな状況でした。

それがきっかけになったのか、続く長崎戦で価千金の勝ち点3を取り残留への足掛かりとしました。三ツ沢での横浜FC戦はある種のターニングポイントでした。

それから半年以上が過ぎ、今年もJ2クラブとして三ツ沢に来ることが出来ました。その時はプレーオフを争っていた横浜FCはJ1昇格を狙える成績で、こちらも横浜FCを追う位置でこの試合を戦います。

横浜FCは大分との試合を中継で見たのですが、この大分との試合ではやや良さが消えていた所もありますが個人能力の高さが光りますね。昨年の対戦でも見事なFKを撃ち込んだイバも健在でした。群馬と2戦続けて個人で点の取れる選手と対峙するのですね……。

個人で点の取れる選手は流れに関係なく試合を持って行くのでなかなか嫌な存在ではあります。しかし、ここは得意のチームワークで戦い止めていきましょう。

順位を考えても横浜を止めるのは簡単ではないでしょうが、上を目指すためにもここは勝ちたいです。あの日を知っている選手も、知らない選手もいますが力を合わせて、あの日に掴み損ねた勝ち点3を今回こそは手に入れられますように。

 

 

 

色々な意味で現地で見たかった気分になった試合

群馬戦でした。この試合のハイライトと言えば、群馬よりぐんまちゃんところとんがやってきた(ちなみにこれは、前日にチェリン出演のイベントがありそれに来ていた流れと思われます)という所に、バッチリとスーツで決めてきて去年までのイケメンぶりが更に輝く事となったディーオですね。TLに流れてきた写真を後で見たのですが、現地に行かなかった事を後悔する程でした。生で見るスーツディーオくん、さぞかしかっこ良かったでしょうね……。

 

さて試合の結果はといえば勝ちました。この日は別の用事で試合を生で見ることはおろか、速報も目を通していなかった(休憩の都度速報を見る事も出来たのですが何となくシャットダウンしたかった)ので、用事が一区切りついた時にTwitterを見て結果を把握しました。阪野選手のゴールで、最近好調と噂の群馬に1-0で勝利しました。群馬とはあまり相性がよくないだけに、この1勝はとても大きいです。

そして後で詳しく確認して驚いたのが、阪野選手のゴールが前半3分の物だったこと。現地のサポーターとしてはなかなか気が気ではない試合だったのではないでしょうか……。

この試合に関しては、とりあえず後で中継を見直してみます。

なかなか難しい試合を勝ったとはいえ、J2は混線ぎみですし上位との対戦もこれから続きます。更には来週になれば天皇杯の予選も入り過密日程になります。選手もサポーターも記を引き締めて、次の試合に臨みたいですね。

安心してください勝ち点は持っていきますがぐんまちゃんところとんは持っていきません

そろそろ梅雨の足音が聞こえて来る頃ですね。ポンチョの準備は出来ているでしょうか。今年はコラボもので良さそうなレイングッズも出ているのでそれを買ってみるのも良いかもしれませんね。

群馬戦の天気は良くなっているようですが、果たして当日はどうなるのでしょうか。

そして、群馬県から有名なぐんまちゃんと、前橋市のマスコットころとんもやって来るのですね。ゆるキャラ好きには嬉しいかもしれません。ぐんまちゃんは割と他でも見ますがころとんは珍しいかも。

 

群馬と言えば富居選手、瀬川選手、中村選手と3人の出身チームであり、こうして選手を連れてきている為か、山形の名前を出すだけで群馬サポーターに「やらんぞ」「隠せ」と言われてしまっていますが仕方ありません。

今シーズンしばらくは低迷を続けていましたが、韓国よりカンスイル選手を獲得してから転機が訪れ今までの不調が嘘のように絶好調です。その話を聞き、岐阜戦の後にやっていた群馬と徳島の試合を偵察の意味も込めて見ました。

この試合は徳島の勝利で終わったのですが、2点目が終盤に入るまでは群馬が追い付きそうな雰囲気もあっただけに、一時の悪かった時期から上手く建て直してきた印象を受けました。一時の成績低迷のイメージで見ていたら、かなり痛い目に遭うでしょう。そして個人技のある選手はそれだけで点を取れるのでなかなか厄介です。

 

岐阜戦はシステム変更が功を奏し追い付いて引き分けました。そして群馬戦は久しぶりのホームゲームとなります。松本戦は平日だったので、土日の試合はだいたい1ヶ月ぶりになります。ホームゲームだからこその優位さもあればホームゲームだからこその難しさもあります。ですが、ホームに訪れた山形サポーターにも、ホームにいけない山形サポーターにも最高の週末をプレゼントするべく、選手たちには全力を尽くして勝ち点3を手に入れてほしいです。

ミナモ11人も昔の話

岐阜戦です。この時期になると18:00キックオフも増えるので間違えて見逃さないようにしましょう。

さてその岐阜のマスコットらしきものが出回っているのですが、これは……。三次元で化けたら面白いかもしれません。ただ個人的にはミナモの方がかわいいと思います。

 

 

試合内容についてですが、前半はやはりパス数上位に入る岐阜が相手です、かなり苦戦させられて、この日良かった相手の大本選手に先制を喰らってしまいました。山口や湘南で何とかなっていた所が何とかならなくなった結果がこれだとか思って後半の切り替えを期待して後半を見たら、少しずつ良くなってきて中村選手のゴールで追い付いてから山形も悪くなくなっていて、ロスタイムの時間帯にはこのまま行けそうだ!とも感じたのですが、結果は1-1のドローで終了。前半の時点では1を拾えればいいだろう、と思っていたのが終わってみれば勝てたなぁ、というのは贅沢なものです。

またこの試合では途中からのシステム変更が効いたのも収穫のひとつでした。木山さんの元での4バックははじめてでしょうか。今は加賀選手が負傷で戦列を離れていますが、戻ってきたらこの4バックになるのでしょうか。新しい戦術があるというのは可能性も感じさせてくれます。

アウェイの連戦も終了し次はいよいよホーム、勝ちが見たいですね。

平塚で食べたものを記録してます

平塚へ行ってきたのでそこで食べたもの、買ったものを記録してみます。食べたものの感想を記すのは遠征を振り返る上でも大事なことです。

フードガーデン待ってろ!と言っていた割に意外と少な目にも見えるのは、後で書きますが立ち寄った所があるからです。

それでは書きます。

 


f:id:mai_n:20170603083922j:image

カルビ牛串(250円)@AREA314

アメリカンスタイルの焼き物を提供してくれるお店の串焼きです。値段が手頃で片手で食べられるのがとてもありがたいですね。少し小さめではあるのですがしっかりと牛肉でついもう一本行きたくなります。他に牛タンやハラミ、この串焼きのお肉とご飯のセットもありました。

 

 


f:id:mai_n:20170603092323j:image

鶏コロッケ(180円)@鳥仲商店

このお店は後述するこっこ唐揚げの方が知名度が高いのですが、こちらのコロッケも美味です。鶏肉とほくほくのジャガイモの組み合わせが中々良く、地域密着のお肉屋さんの強みを感じました。

 


f:id:mai_n:20170603105432j:image


f:id:mai_n:20170603105458j:image

湘南こっこ唐揚げ(500円)@鳥仲商店

地元で有名なお肉屋さんの唐揚げで、このスタジアムでは人気商品のひとつになっています。値段は唐揚げの中では若干高めと言えば高めではあるのですが、その価値は十分にあります。出来立てが美味しいのは勿論ですが、味が良くついているのである程度時間が経っても美味しく食べられて、気がつけばもうなくなっています。複数人で食べたい人やもっと食べたい人向けに1000円でボックスになっている物もあります。

これが日常的に食べられるって平塚の人いいなぁ……。

 


f:id:mai_n:20170603112547j:image


f:id:mai_n:20170603112616j:image

炎のカリーパン藤沢炒麺入り(260円)@明友

この湘南戦では明友さんもブースを出していて湘南山形双方の地域の名産を入れたカリーパンを販売していました。その中から私が選んだのはこちらと、記録は忘れてしまいましたが炎のカリーパン辛です。

以前にも書いたかもですが、藤沢炒麺とは藤沢産の食材を使ったB級グルメです。中身を見てもわかるように、麺が入っていて焼きそばパン的な感覚でいただけるカリーパンでした。対戦相手を食っちゃおー系の中では初心者さんでも安心して頂ける物でした。

辛はいつものカリーパンではあるのですが、これとさっきの湘南こっこ唐揚げと一緒に食べると本当に食が進みます。これも、奇をてらうばかりではなく実際にカリーパンが美味しいからですね。

 

 
f:id:mai_n:20170603172134j:image

f:id:mai_n:20170603171724j:image

ペッカくんどら焼き(200円)@明友

 炎のカリーパンのマスコット、ペッカくんの焼き印が入っているどら焼き。中身はずんだ餡です。これが意外と侮れない美味しさで、明友さんの本業がお菓子屋さんである事を教えてくれる一品です。出ているかどうかは不定期なので、見かけたら買っておいて損はありません。お土産にぴったりな箱入りもあります。

 


f:id:mai_n:20170603170932j:image

マラサダ(230円)@Meg's kitchen

デザートに見て気になっていたハワイアンデザートのマラサダを。持ち運んでいた影響からか少しつぶれてしまっていますが……。現地に行って見たら本場に近いキャッサバの入ったマラサダがあったのでそちらをココナッツシュガーでいただきました。キャッサバのマラサダは揚げたてでした。

コンビニのデザートとかでイメージするようなマラサダとは違って、ハワイでマラサダを食べるとこのような感じなんだな、と思う異国情緒のある味でした。芋が入っているので若干もっちりとしていました。

 


f:id:mai_n:20170603171559j:image

ベルマーレフレンチ(550円)@ぴいちゃん家

こちらもホームページの紹介で気になっていました。限定の山形ラ・フランスにしようかな?とも思ったのですが山形を食べるのは、ということでこちらもスタジアム限定のベルマーレフレンチを選びました。

焼きたてのフレンチトーストにクリームやアイスやフルーツを乗せたものなので少し時間はかかりますが、フレンチトーストをそのまま食べるも良し、クリームに絡めて食べるも良し溶けたアイスをフレンチで掬うのも良し、と様々な味わい方が出来ます。チームカラーのキウイとブルーベリーもよいアクセントになっていました。

ただこの日は熱かったのでどんどんアイスが溶けて行ってしまい早く食べないと、とやや駆け足ぎみでした。特に暑い日はお早めに……。あったかいフレンチトーストと冷たいアイスのハーモニーが素晴らしくまた食べてみたいです。

 

近年進化を遂げていると噂のベルマーレフードガーデンは久々に訪れたのですが、これがまた良かったです。行っていないお店も含めバリエーション豊かで、主食やおかずやデザートとここだけで何でも揃うので、これだけ目的で平塚に着ても問題ないくらいです。

ごちそうさまでした!