Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

話題を無理矢理繋げた感のある日記

twitterで外国人選手がいればという事について話がされていて、そう思う気持ちもわかるのですが、山形が自前で外国人選手を当てたという経験がとても少なくそれも過去の事です。それを踏まえますと、外国人のいい選手を当てるにはお金はもちろんコネクションも必要でどちらもない現状の山形だと、外国人選手を取るよりも日本人選手のベースアップに力を入れた方がいいのかな、と思っています。

 と、書いたのが夕方で町田戦を今ごろ見終わったのですが、これで引き分けかという感想とこれで負けないで良かったという感想が入り交じる内容で、外国人選手がいたらもしかしてと思っても無理はない展開でした。こういう状況で一番何とかしてくれそうな選手が負傷でいないというのが更にですね……。

あとちょっと荒れてた展開というのもわかりました。雨でコンディションが悪いことを考えれば、怪我をする可能性もあるのですから悪質なプレイに対してはもう少し厳しくても良かったかもですね。そして気持ちはわからなくもないのですが、優平選手のイエローは少し余計なイエローでしたね……。累積警告の影響も出てくる頃ですから、警告は減らしたい所です。

話はまた最初のそれに戻るのですが、山形は外国人選手を活かすのが上手くないとは言っても、ではJ2の上位で外国人選手がいない所はあるかと言われてもなく、外国人選手を活かして勝ってこそ昇格できる現状があります。

そこから考えますと、山形は色々な意味で今はまだその時では無いのでしょう。日本人選手の質を上げつつ、チーム力を付けて良い外国人選手を取れるお金やコネクションも手に入れて、更にチームの経営も安定させて、というのが必要になります。あまりにもやることが多すぎますね。特に一番重要なのが一番最後で、これを忘れてJ1昇格を目指して失敗して大変なことになった例が数多くあります。

J1昇格は確かに目標ではあるのですが、その前の目標は建てているのか、まずJ1昇格ありきで動いているのではないのかとかが気がかりな所が見受けられるんですよね……。

準備を整えてそれにふさわしいチームになって初めて昇格という結果がついてくるのです。今の山形では色々な意味で時期尚早な気がします。

 

 http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00007553/

そんなことを考えていたら新スタジアムの運営法人設立の話が出ています。ちょっと顔ぶれ的には気になる所もあるというか……。まぁ多くは語りません。

一部報道では建設地決定が2020年とかの話が出ていて本当に建てる気があるのかとも言われているので動きが遅いのは確かなんですよね……。他を見ていたりすると。

ひとつ言えるとしたら、多くの山形県民が「モンテディオの為にスタジアムを作って欲しい」と熱望するくらいにチームの価値を上げて行かなければいけないという事です。

チームとしては新記録らしい

町田戦は引き分けでした。試合の状況は見てはいないのですが、Twitterやネットで聞こえてくる状況ですと結構荒れた試合だったようです。その煽りを喰らってなのか、次節は菅沼選手が出場停止に。相馬さん、奥野さんを1年で切った事恨まれているんでしょうか……。ここまで相馬町田には一度も勝ち無しとか。

判定に関しては、まぁ色々と言いたい事はあるでしょうが、一度出た判定は覆らないのでそれをどうこう言っても仕方のない所もあります。しかし、せめてプレーする選手の安全は守ってください。何のためにレフリーがいるかと言えば、選手を危険に晒さない為だと私は考えています。そこだけは本当に大事にして欲しいです。

 

それにしても5試合ドローが続きますがこれはクラブとして初の事なのだとか。次節はホームに戻って来ますし、菅沼選手が出場停止ではありますがすっきりとした勝利が見たいですね。

台風にはそれほど関係の無さそうな野津田

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00007521/

今のチームの苦境を見ながら、南選手そろそろ戻ってこないかな……と考えていた矢先にこの告知が。開幕2試合で残したインパクトが大きかったので次はリーグ戦での活躍が見たいですね。

そして、この告知を見てもう芋煮の時期になったのを感じました。Twitterでは「山形風の芋煮こそが至高、庄内風の味噌味もいい、しかし仙台の芋煮のふりした豚汁ですらない物は芋煮ではない」と言っていますが実際その通りです。と一部に喧嘩を打っていくスタイルです。

ちなみにこの日本一の芋煮会は日曜日開催なので町田戦に行ってきてからでも割と余裕です。興味のある人は行っても面白いかもしれませんね。私は去年行ってきたのですが、様々なブースがあり、そして芋煮も食べられていいお祭りでした。

 

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00007520/

少し先になるのですが、ロアッソ熊本戦にて発売される新商品です。山形でもモバイルバッテリー系が出ないかなぁと各方面を見つつ思っていましたが、遂に出ます。ただ、それで限定数30というのは少ないですね。ましてやこのバッテリー、マスコット柄でもあるので尚更。売り切れてもシーズン終了までに再版がかかれば、いいなぁ……。

 

 

 

http://www.zelvia.co.jp/news/news-109610/

町田のホームゲームの概要です。様々なアトラクションがあったり、何よりもグルメが充実しているのがスタジアムで美味しいものを食べたい派の私には嬉しいです。様々な噂で聞くYASSカレー、美味しそうです。

調整が出来れば野津田に行きたかったです……。

 

http://www.zelvia.co.jp/news/news-109807/

ホームページを見ていたら「ゼルビア朝礼」とあったので、まさかゼルビア体操とかをやるのかと思っていましたが意外と普通でした。元山形の星さん相変わらず元気なようで何よりです。子供達にはいい思い出になったでしょうね。

 

その町田を偵察がてら見ましたが、先制してからの勝率が低い岡山が相手とはいえ、あの状況でしっかり決めきれるというのはやはり7月に対戦した時と同様に手強いチームであるのは間違いないようです。しかも、戦うのが未だに町田相手に勝利のないアウェイときつい状況ではありますが、ここで勝って何とかプレーオフ争いに食いついて行きたいですね。

 

 

 

 

1ヶ月勝利なしという暗雲の中

京都戦は別イベントに行っていたので、速報を追うだけでしたが2-2のドローで終わりました。ホームでしかも相手の順位が下で今後プレーオフを狙うという事を考えると、一旦は逆転して勝てなかったというのは負けに等しいでしょう。京都の2点目がオフサイドだったのではないか、という声も聞かれていますが、レフリーの判定がそうだったのですからそこをどうの言っても仕方のない事です。その後にもう1点取れば勝っていましたし。それはチームとしての強さが足りないのでしょう。

 

それにしても金沢戦から1ヶ月勝ち無し、昨年を思い起こすような苦しい状況です。その状況で次に対戦するのが昨年も勝っていなかった町田でしかも勝利のないアウェイで、と大変厳しい状況ではあるのですが、可能性を信じてやっていくしかないですね。

もう町田は神奈川って言いませんから、町田さん勝たせてくださいお願いします!

金沢戦で食べたものを記録してみます

忙しかったりで伸ばし伸ばしにしてしまっていましたが、気付けば既に1ヶ月過ぎようとしているということで、参戦した県民応援デー金沢戦で食べた物を書いていきます。

 

この日は久しぶりのスタジアムでの観戦であるということで、折角だから色々と食べよう!と気合いをいれていましたが結局食べたのは少なかったです。それもそのはず。


f:id:mai_n:20170909190457j:image

スタジアムに入ってこれを見付けてしまっては。何気に金沢風のカレー、好きなもののひとつなんです。カツカレーが好きなだけでは?と言われてしまえばそれまでですが。

この後の事も考えてどうしようか迷ったのですが、年に1回のメニューであるということで折角なので買ってみました。

 

f:id:mai_n:20170909190543j:image

ゴールゴールカレー(800円)@明友

どこかで聞いたような何かを感じさせるネーミングの金沢風カレーです。普通のカレーとの違いはルーがどろっとしている所で、カツと千切りのキャベツもポイントです。

年に一度の企画商品という事もあってか、かなり気合いの入った完成度の高い商品でした。金沢風のカレーをまさかスタジアムで食べる事が出来るとは……。

あまりの美味しさに、カツカレーという重めの物であるにも関わらずすぐに平らげてしまいました。来年もホーム開催の金沢戦に行く機会があったら是非とも食べてみたいですね。

 


f:id:mai_n:20170909190748j:image

ガパオライス(800円)@Cafe restaurant JURI

Twitterでの告知をみてこれを是非食べてみたいと狙っていましたが、その前に金沢風カレーを食べていたので迷いました。しかし、後で後悔をしたくない気持ちが出てじゃあ食べるか、手を出しました。金沢風カレーの後にご飯ものってどれだけだと自分でも思いますが食べたいのですから仕方ありません。

肝心の味の方についてですが、結構本格的で山形のスタジアムグルメには珍しい異国情緒の溢れる物でした。鶏肉と野菜がゴロゴロと入っていて、野菜を取りたい時にもガッツリと食べたい時にも良いものです。割と東南アジア系のエスニックな物なので、そこが好きな人にははまりそうですね。

 

金沢カレーの後にガパオライスという真似をしたので、その後はお腹一杯で他の物は食べられませんでしたが、満足度は高かったです。

そして翌日に食べる目的でカリーパンも購入しました。

 

f:id:mai_n:20170909190844j:image

f:id:mai_n:20170909190909j:image

炎のカリーパン治部煮入り(260円)@明友

治部煮とは金沢の郷土料理で鴨肉や鶏肉等を醤油やみりんやお酒の入った出汁汁で煮付けた物です。和風の具と味付けと洋風のカリーパンで合うのか、とも思われそうですがカレーのスパイシーな部分がまろやかになって、おそばやさんのカレーのような味になります。それでいて、治部煮本来の味も感じられて、これはこれでありではとも思わせてくれます。

 


f:id:mai_n:20170909190937j:image 

f:id:mai_n:20170909190956j:image

炎のカリーパンあんころ餅入り(260円)@明友

元祖「これはこれであり」のあんこ系カリーパンです。あんこ系にはだいたい餅が絡んでくるのでデザートにもなるカリーパンの割に意外とお腹にたまります。甘いあんこと辛いカレー、そしてお菓子屋さんが本業という明友さんの本気を見せた餅との共演、なかなか良いものです。

カリーパンを美味しくかつ名物にしているのは対戦相手を食べるというサポーターの気概、意外な食材を合わせた物珍しさだけではありません。カリーパンの中身にも決して手を抜かない明友さんの真摯な姿勢があるからだと私は考えています。

 

金沢戦でも様々な美味しい物が頂けました。とても遅くなりましたが、ごちそうさまでした。

 

 

救急の日に試合があるということで

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00007483/

負傷者が相次いでいる所にまたジェスン選手が……。焦らずに無理せず、怪我を治してください。

 

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00007481/

ここでは触れるのが遅れてしまいましたが、鶴岡で行われたトレーニングゲームの様子が公開されています。JFLソニー仙台を相手に新加入選手を試してみたこの試合は4-1と快勝しました。ここで調子の良かった選手がリーグ戦で起用される事もあるかも知れませんね。

それにしても鶴岡での試合、懐かしいものです。スタジアムの規定が出来るまでは鶴岡開催もあり、羽越本線で駆けつけてレンタサイクルを駆使しながら悪戦苦闘しながら辿り着いた物です。今はここでの公式戦はありませんが、庄内からモンテディオを応援する人達の為にも、年一のペースで練習試合でも良いのでこのようにチームに触れる機会があって欲しいものです。費用面とかで難しい所もあるかもしれませんが、ホームタウンは内陸の方だけではありませんから、庄内地方の人にもチームを身近に感じて貰いたいですからね。

このような機会があるのは良いことです、と何度でも言います。

 

http://www.montedioyamagata.jp/match/home-game/2017j232.html

京都戦の案内です。上山市の応援デーということで上山市のポテトクリームのお店が出るようですが美味しそう……。ちなみにポテトクリームはおしゃれなポテトサラダの事です。あと案内はまだ出てないのですが、上山と言えばのカセ鳥今年は来ないのでしょうか……。相手チームを脅かす兵器に十分なれると思うのですが。

そして救急の日であるという事で応急手当の講習会付きのチケットもあります。早く対応が取れるかどうかで、生命の危機を救えるかどうかが変わってくるので、いざという時のために応急手当を学んでおくのは大切なことです。前に受けた事があったとしても、どんどん内容は新しい物に変わっていくので過去にやった事があっても、機会があれば学び直してみましょう。

 

 

ホーム連戦となる京都戦です。しかしここまでの相手が現在絶賛PO圏内の徳島、昨年PO決勝に進出した岡山、そして昨年PO圏内の京都、更にPO圏の1個下だった町田となかなか大変な試合が続きます。夏の暑さもまだのこる中でこういうスケジュールはきついですね。

そんな中迎える京都は、現在少々苦しんでいてお互いに「こんなはずでは」となってしまっていますが、開幕で対戦した後に覚醒した闘莉王や昨年幾度も山形を救った大黒と点の取れる選手が揃っているので開幕戦勝てたから、で臨んではダメです。というか、チームがまだ出来ていない頃だからこそ、の所もあります。

ここ数試合は点は取れているのですがその分失点も多く、特に押している展開で取られてしまい試合が難しくなってしまうので、まずは無失点を目標にやってそれから点を取って得意な流れに持ち込んでほしいです。そして何よりもホームでの試合です。勝利に飢えている人も多いのではないでしょうか?久しぶりの勝利が見たい、ただそれだけです。

 

なかなか勝てていないモンテディオを救うゴール、そしてチームを救う勝利に期待しています!

 

 

 

ホームで初めての勝ち点1

岡山戦もdaznで見ていました。これまでのNDスタでの岡山戦はお腰に付けた勝ち点3どころか勝ち点1すらも手に入れられない試合が続いていました。勝ってはいるのですがそれはアウェイでの事で、ホームで引き分けすらもないというのが苦手意識に拍車をかけてしまっていました。

 

そんな中で、昇格プレーオフに行くためにも上位陣との差を詰めておきたい山形でしたが、押し気味の展開の中で岡山に先制されてしまうことに。決められるならばこのタイミングだろうなという所でこうなってしまったというのは山形にとっては痛手でしたが、徳島戦と同じように後半に栗山選手のゴールで追い付きました。ここまでよい場面の無かった栗山選手ですがようやく面目躍如と言った所でしょうか。

しかし、岡山の守備も固く1-1での引き分けで終わりました。山形が押している時間が長く逆転の気配もありましたがドロー、というのも徳島戦と同じでした。ホームですしここは勝ってて欲しかったというのが本音ではあるのですが。

先制されて追い付けるようになったのは、先制された時点で既に試合が終わっていた頃からしますと良くなったと言えるのですが、未だに先制されて逆転した試合がないというのは課題として残っていますし、そもそも先制されるような状況が不味いです。

幸いなことに、この岡山戦では出場停止だった加賀選手が次の京都戦から戻ってきます。京都も個人の力の強い選手が多く、特に手強い選手がいるのも良く存じています。まずは目の前の試合を勝って行きましょう。