Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

無責任なJ2順位予想と展望 2020ver

毎年好評(だと自分では思っている)の無責任なJ2順位予想シリーズです。

例によって、厳密な数字ではなく「この辺りかな」的なゾーンでの予想となっています。

割と「炎上覚悟で言いますが」的な、言いたい放題やってる物ですし、当ブログのモットーは「誰かが語る戦術の理論は何一つとしてピンと来なくて飛行機の窓から見える知らない街の夜景のようだ」「戦術はわからないわかりたくもないのさ」です。

このような予想ではありますが、今年もお付き合いして頂ければ幸いです。

 

自動昇格

大宮・磐田

まずは大宮。どこまで大宮好きなんだよこの人と言われるかもしれませんが、戦力の流出は若干ありましたが、それでも高いレベルの選手はいますし、今年は1年目の監督が多い中で高木監督が継続しているのは強みになるでしょう。

もう1チームは磐田。確かに最下位での降格ではあるのですが、交代以降はチームの状況が良くなった監督が継続している点をプラスに取りましたし、J1とJ2の差は確実にあります。昇格争いにも加われない、という状況になる事はないと見てます。

 

プレーオフ争い

京都・岡山・徳島・千葉・福岡

京都は自動昇格に置こうかとも悩みました。ただ、戦力は揃っているのですが監督が1年目であるのをマイナス材料としました。当たれば自動昇格もあるかもしれません。

岡山は有馬さんの2年目であること、補強も着実に出来ている点から上位を予想していますが、ただ自動昇格出来るかと言われると、とはあります。

徳島はメンバーは揃い監督も継続していますが、ヨルディバイスが京都に行った点をマイナスに取りここに。バイス退団後の長崎の状況を見ますと苦しみそうな気も。

今年は1年目の監督が率いるチームが多く、十分な戦力を持ちながらも低迷した千葉福岡にも十分なチャンスがあると思っています。どちらも実績は十分な監督が来ていますし。自動昇格に入れなかったのは1年目であるのでその辺りがある程度長くやってる監督に比べると、ですし千葉については選手が監督のやり方についていけるのかという部分もあるので。

 

中位争い

松本・新潟・山口・水戸・甲府・長崎・山形

昇格組の松本をここに置いた理由は監督の布さんがJ3でそれなりの戦力を残した群馬を率いて昇格はしたもののJ2では全く未知数な上に、戦力もその不安を打ち消す顔ぶれではないと考えたため。来年以降が勝負でしょうか。

新潟を高評価する向きもありますが、チームを文化ごと再構築していて時間がかかるチームになると予想しているのでこの位置に。周囲にその我慢が出来るかが鍵で、下手を打てば昨年の福岡と同じ事が起こる可能性もあると見てます。

山口は大きな戦力流出こそはありましたがそれでも2年山口で良い戦いが出来ている霜田さんがいるので、案外なんとかなるのではという気がします。

水戸は選手の移籍と何よりも監督が交代したのをマイナスに見てのこの位置です。大きく崩れる事は無さそうなのですが、上に行けるイメージもないです。

甲府は点の取れる選手が多く退団しかつその穴埋めの選手を取れていない為今年は建て直す年になりそうと考えました。

長崎も甲府と似ていますが、呉屋の穴埋めは課題でしょうし、来る前の長崎の状況を考えると昇格やプレーオフを争うのは難しいと判断しました。甲府に比べればまだもしかしたら点取れるかもしれない選手がいるのでちょっとはあるかもしれませんが。

山形ですがかなりきつい分析をします。ひとつは一応軸の選手を残すことは出来ましたが、監督とヘッドコーチ、柳、坂元とピンポイントで穴埋めが難しい所がチームを離れました。セレッソへ行った坂元が絶賛されていますが、それを見れば見るほどその辺りが抜けた今年のチームが不安になってきます。中村(充)は試合に出てなかったので思うような成果は出せないかな、と予想。

もうひとつは上位に食い込んで行くには外国人選手の力が大事になってきますが、その外国人選手が上手くフィットしない点。ジェフェルソンバイアーノですら活かしきれなかったチームです、未知数の外国人選手に期待している向きもあるようですがこれまでの経験があるので期待するのは難しいです。まぁ、確実な外国人選手を取れない事を含めてもこのチームの限界なのでしょう。

顔ぶれはそこそこ揃ってはいるので残留争いまではしないとは考えていますが、2016年の事や最近のJ2がなかなかきつい場所になっている事を考えるとびっくり枠もあり得るのではないか、そんな気すらもします。

と、そのような心づもりで今年は見る事にします。

 

 

下位争い

北九州・群馬・金沢・東京V・町田

面子はちょっと厳しい北九州ではありますが、ただ監督がJ2の戦い方を知ってる小林さんなので今年の残留は出来るとは思います。

群馬は顔ぶれは揃っているので中位予想でもとも考えたのですが、監督の奥野さんがJ2の現場から離れている点や山形時代の印象を見ると不安が残るのでこの位置に。あれから経験積んで変わってればもう少し上もあるかも。

金沢は戦力の流出が要因のひとつで、去年から触れているのですが柳下監督がこれまで率いたチームである程度の年数が過ぎると低迷するというのをしばし見ているので。

東京Vは上福元の移籍があった点、監督交代からの監督が翌年続けた場合成績は思いの外良くなく、永井さんも交代以降でチームが良くなったかというと疑問点が残るので。

町田は戦力に強いプラスがあるかという所に困った所と、監督のポポビッチさんの日本での指導がだいぶ前であるのが不安要素。

 

 

残留争い

琉球・栃木・愛媛

琉球は戦力の流出が大きな要因である上に、昨季の好調は前の監督が育てた選手が導いた所もあると考えているので、樋口さんの色が出るとちょっと厳しくなるのではと予想しています。樋口さんは戦力通りの結果を出す監督である、というのを見て割と納得したので。

栃木は昨年の成績に加えGKとディフェンスラインが変わってる事と田坂さんが大分時代2年目に調子を落としている事を懸念してのこの順位。

あとこの両チームに共通する点として、1年目それなりの結果になっている事で2年目に欲を出してしまう、という懸念もあります。戦力の乏しいチームでロマンを求めると痛い目に遭うと考えているので。ハマれば強いんですが。

愛媛は先に候補にした2チームとは逆で、残留に割り切った戦いが出来る一方でJ2の規模も選手の質も上がっているので愛媛の状況ではきつくなると予想してのこの位置です。特に最近は小規模なチームが低迷から這い上がれずに、というケースが多いので。

 
 
順位予想は以上の通りになります。開幕間に合いました……。別のブログで鉛筆転がしたという予想を見かけてその手があったかと思いつつ、鉛筆転がしの誘惑に勝って予想しました。疲れましたが何とか頑張りました。
 
 
たったひとつ確かな事があるとするならば
(予想する事も含めて)J2は地獄だ

プレーオフがこの間の事のように感じられますが

今週末いよいよ開幕です。オフシーズンいつもより短かった感じですね。ユニフォームやファンクラブの特典も届いてようやく始まるか、という感じですし選手名鑑も買って準備はばっちりですが、山形駅からのシャトルバスがなくなったり何だのの理由もあり、今シーズンは去年以上にまったりペースでやっていく事になりそうです。

それでも、最低限の情熱は失わずに行きたいですがどうなる事やら。とりあえず、無事にホーム開幕戦へ行けますように。

 

順位予想は今必死に何となく書いていますので、お待ちいただければ幸いです。今回も独断と偏見ばりばりの無責任な物となっています。

無責任な順位予想を本気で振り返ってみた

http://ftblueftrain.hatenablog.com/entry/2019/02/21/074202

 

各誌で順位予想的なものが出されますが、その時に予想した評論家達がそのあとで予想を振り返り土下座する事はほぼありません。だから評論家の予想はある程度知ってる人やファンからすれば疑問が残る物になります。これで取る責任なんて殆ど無く、原稿料をもらえばそれでおしまいですから。まぁ当然です。競馬予想でこれをやったら、多分評論家の命は今ごろないです。

さて無責任なJ2予想ですが、一応は過去の予想を振り返ってみて「ここは合ってた」「ここは思ったのと違った」と語ってみたいと思います。そうするなら全然無責任じゃないって?いえ、日付が思いっきり無責任です。それなら去年のうちにやっておけよ、的な。

そして今年も、記事のネタ切れ防止のためやります。無責任ですが、この時期にあーでこないこーでもないと言いながらやる予想が一番楽しいのです。ちなみに相も変わらず、ヤサガラス様が匙を投げるレベルで今年も絶望しまくってます。

そんなこんなで始めていきます。

 

昇格予想
大宮・柏

大宮は昇格までは来ませんでした。戦力も揃い経験もある高木監督ではありますが1年目のチームではという事もあったのでしょうか。でも言わせてください。2位の横浜FCとは最終戦まで競っていた事を考えれば一歩変わっていれば昇格していたので事実上予想的中になりま……せんよね。

柏はやっぱり来ました。というかこの戦力で昇格出来なきゃ何を言われるかわかりません。序盤こそは苦しんだ場面もありましたし、途中も伸び悩んだ部分もありましたが終わってみれば貫禄の優勝。見事でした。もうJ2に来ないでください。

 

プレーオフ争い
横浜・町田・ 徳島・長崎・甲府

横浜FCプレーオフ予想してたんですね、と自分でもびっくりしました。自分で自分の予想を忘れてどうするという突っ込みを受けそうですが、何故か忘れてました。序盤成績が悪かったので勝手に予想が外れたものだと見ていましたが逆の意味で外れました。若い選手が伸びた上に特別指定の選手でも当たりを引くのは予想外でした。

一方で横浜との市境と県境の向こう側、町田は大きく予想を裏切る結果に。大きくはないと予想した平戸の離脱が影響した点、また町田は良い年の次には成績が奮わない点を忘れていました。前の年に好成績を挙げたメンバーがいたとしても上手く回らない事もあるというJ2の難しさを体現する形となってしまいました。

徳島も横浜FCと同じで序盤はあれおかしいなぁもっと来ると思ってたのに、でしたが中盤以降調子を上げこの位置です。戦力がそれなりにあって監督も続けてるチームはJ2では強い、それを見せてくれました。

長崎は同じプレーオフ枠と予想しましたが、途中でブレーキがかかり中位に。監督一年目故の難しさもあったのかもしれません。途中補強の呉屋がだいぶはまりはしましたが。手倉森さんが少し時間のかかる人であったというのをもっと計算すれば良かったかもしれません。

甲府は予想通りのプレーオフ枠でした。ピーターウタカがいればこのくらいの成績には行くでしょうが、ただ他の監督が甲府を率いていたらもっと上もありえたかもとは思いました。

 

 

中位争い
東京V・山口・福岡・新潟・千葉・岡山・山形

東京Vは調子の良い時もあったのですが、予想した通りの位置で終わりました。外国人監督はやはり難しい所もありますね。はまれば強いのでしょうが。

山口は予想よりは若干下だったかな、という印象。チーム事情の為にメンバーを組み直しが多いというのは前年にそれなりの結果を出していた霜田さんでもきつかったかも。

福岡は予想よりも大きく下回りましたが、ある人の予想を見てここがびっくり降格枠もあり得そうだと感じた不安が的中しました。外国人監督のリスクの大きさを体感させられたシーズンでした。

新潟は外国人次第のチームと触れましたが、まさにその通りになりました。プレーオフにも届きそうで届かなかったのは前半のブレーキがあったからで、前半からもっとレオナルドが点を取れていればもう少し上もあったかも。

千葉は前のシーズン調子の悪かった監督をそのまま引き継いでいる不安がありましたが、その予想を下回ってしまった苦しい状況でした。監督交代がもう少し遅ければもっと大変になっていたかも。

岡山は躍進のシーズンに。こちらはどうなのかなと考えていた有馬監督が良かったようです。前線の選手の活躍は予想以上でした。2年目の有馬さんが楽しみですね。

山形は今振り返ってみれば監督が長く続けてやっているという化ける要素は見えなくは無かったのですが、それ以上に補強の顔ぶれの不安があっての予想でした。補強選手、特に途中から補強した選手が予想以上にチームにフィットした事が理由なのでしょう。良く戦ったとは思いますが、外国人選手がフィットしていると言いがたい中であるのを見るとこれが限界なのかなとも思います。

 

 

下位争い
京都・岐阜・水戸・愛媛

京都は中田さんの腕を過小評価したのが全てでした。いや、この手の自分の主張が強くピッチ外も話題のある監督がいい監督だったイメージがないので、中田さんがここまで出来る人だったのは予想外でした。

岐阜は予想を下回る結果に。もう少しチームが回るかな、と思いましたし、初戦の山形戦は悪くはなかったのでもしかしたら過小評価しすぎた?とも思ったのですが。戦力の少しきついチームで夢を求めてチームを育てる難しさにぶつかってしまったシーズンでした。

水戸については、過小評価という言葉以外の何物でもありませんでしたし、昨年もそこそこ成績が良く監督も続けていたのにこの成績に予想したのはただの見る目無しです。大変失礼いたしました。

愛媛は今振り返れば予想に近い位置にいたのではないでしょうか。チームの波はありましたがそれでも戦力を考えれば残留させられたというのは愛媛には大きいですね。

 

残留争い
鹿児島・琉球・栃木・金沢

今だからこそ言えるのですが、琉球と鹿児島はどちらも難しそうですが鹿児島の方が点の取れる選手がいそうな分残留の可能性は高いかなと踏んでいましたが、実際は逆の結果でした。情報の少ない昇格チームの予想は難しいものです。

栃木は降格もあり得るチームとは思っていましたし、実際点が取れずに苦しんで残り数試合の時点で5勝では、でしたがぎりぎりで残留しました。ある程度は守れたというのがプラスになったのかもしれません。

金沢も予想を外した好成績でした。柳下監督は新潟の時も磐田の時もある程度の年月が経つときつくなる傾向があると見ているのですが昨シーズンは大丈夫だったようです。J1とJ2の違いもあるのかもしれませんね。

 

 

そんな訳で、シーズン前の予想を振り返ったり振り返らなかったりした記事でした。勿論今シーズンも予想をするつもりではいるのでそちらもご覧いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

日程発表

だいたい一週間前に日程が発表されました。あそこに行こうか、ここに行こうか、そこには行きたいなぁとか考えている時間は楽しいものです。実際に行けるかどうかとは別としまして……。

 

気になるところをぱっと挙げますと。

 

明らかにされていなかった2節はアウェイ愛媛。噂はちらっと流れていたのですが。石丸さんが前にいた事もある愛媛との対戦は結構早いです。

金沢は14:00開始。17:50の新潟行きのバスに間に合いそうな時間でした。私が最後に金沢に行ったのはヤサガラス様登場前だったので、ヤサガラスを見てみたい気持ちもありつつ他の用事もあるので行くかどうかはまだわからないのですが。ただ金沢の街にも興味はあるし行ってみたい場所ではあります。

ホーム開幕山口戦は14:00開始。山形の試合は今年も日曜日14:00が基本なのですが、この試合だけは土曜日の昼開始となっています。個人的な事情を一切無視すれば、集客の面では日曜昼は良いと思っています。地方ですと土曜休みが定着してない所もありますし。関係各所の方々も頑張ったのでしょうね……。

色々な諸々はすっ飛ばしてBリーグも興味ある者として同じ敷地内で18:00からの山形対茨城とのはしごも出来て捲りそう。一日中山形県総合運動公園で楽しめる?

遠距離アウェイは岡山徳島が3月下旬に連続で、九州が4月終わりと5月と6月中旬。そして山口が8月下旬。長崎興味はうっすらとあったのですが、日曜ナイターで結構きついですね。遠距離アウェイどれかは行きたいです。そしてそもそも沖縄は色々と難しいです。飛行機見るのは好きなんですが乗るのはと言われますと……。

一番手近な新潟はホームが5/17、アウェイが6/27。1ヶ月少しで再戦ですか……。アウェイの方はともかく、ホームに行くのは今回ばかりは難しいかも。日曜昼14:00という私が行きにくい(行けないことは無いのですがだいぶ無理が出る)試合に組まれてしまった上に、前日に地元で別件の推しの面白そうなイベントが……。はしご出来ない事もないのですが。

近場のアウェイである群馬と松本はどちらも日曜の夜に組まれているため、こちらも不参戦の見通し。夏なのでナイターなのはわかるのですが、せめて土曜日に……。

そしてだいぶ飛んで、最終戦の手前のアウェイ栃木、はともかくとしまして会場未定。これは栃木の公式からリリースがありましたが、調整中で新設の競技場である西川田を使う事になるかも知れないとか。これもこれで楽しみですね。グリスタも悪くはないのですが駅からの距離と施設の古さが若干気になる所ではあるので。(私自身は「専用スタジアムもいいけど陸上競技場でも場所によってはいいと思うよ」派なので)

そして最終戦は岡山と。岡山さん二年連続で高いチケット代ですみません。というのはともかくとして、この試合は何かが起こりそうです。夢見た虹の彼方に手が届くのは果たして、といった所でしょうか。

 

個人的な目標、というか行きたい所としては以下のような感じになります。ただし行けるかどうかとは話は別です。

・3/8金沢。行ければです。他にもやりたい事があるので行かない事もあるかも。

・3/14山口。ホーム開幕戦。貴重な土曜日開催なので……。あと何とは言いませんがやりたい事も。

・遠方アウェイのどこか。ホームがちょっと厳しいのと、生活の変化もありここ数年は行けていないので久々に行ってみたいです。

甲府と千葉。甲府は2011年以来になりますし、ヴァンくんを是非とも生で見たいです。シャトルバスだとステージには厳しいという話もありますが。千葉は別件で心寄せる地のひとつになっていたり、そろそろサマナラのカレーとかソーセージ盛りが食べたいですし。

・アウェイ新潟。新潟開催のナイターも少し難しいと言えば難しいですが、でもせっかくの近場なので。今年こそは……。

・アウェイ栃木。まだ開催地は未定ではあるのですが、新しい競技場の方であれば言ってみたい気持ちがあります。宇都宮の餃子を久しぶりに食べたい……。

・ホームで行けそうなのは開幕戦と最終戦と8月の山の日周辺の試合くらいでしょうか。去年はGWの試合にも行きましたが、それはホーム開幕戦に行けなかった分という所だったのでGWのは行くかどうかは未定です。

 

今年は色々と考えるところもあるとか去年は一度もアウェイに行けなかったので、今年はホームよりはアウェイの方に行きたいです。ホームのデーゲームが帰りがきつい、という理由もありますが。

 

 

今年はそんなところです。

さてどのくらい行けるのでしょうか。

 

 

そんなこんなで年も明けました

あけましておめでとうございます(遅)。

オフシーズンは本当に色々とあったのと、個人的にあまり余裕がなかったのでTwitterで色々とフォロワーを減らすようなぐだをまいていましたが、こちらにはなかなか顔を出せませんでした。時間は結構あった筈なのに、何故でしょう……。

今年はあまりネガティブ満載にならないように頑張っていきたいですが多分それも難しいと思われます、といきなりネガティブモードになっています。あまり考えたり思い詰めすぎずに楽しんでいけたらいきたいです。

 

補強に関しては入ってきた選手の特徴とかをあまり把握していないのですが、なかなか面白い所を突いているなと感じました。去年の成績でその原動力となった守備陣をほぼ全員残せたのは個人的にも意外な印象。抜かれそうな選手もいるかなとも思ったのですが。

それだけ坂元の違約金が高かったのか、それともクラブハウス新設が効いたのか……。まぁ、まったりと見守っていきます。

 

日程も発表されましたが、開幕磐田で3節が金沢でホーム開幕は4節。金沢とホーム開幕に行く形になるでしょうか。多分ホームの参戦数は去年と同じくらいになりそうです。色々とあってなかなか行けなくて。サッカーだけに時間を費やしていられなかったり、サッカーだけに費やしていたらやってられなくなったりとあるので。まぁこちらも程々にやっていきます。

あととりあえずユニフォームは久しぶりにデザインが好みだったので買いましたが、色々と考えて「もっと考えれば良かったかな……」とか「キャンセルしたいな……」という気持ちにもなっています。チームの方針と今の自分の考えに解釈違いというかずれを感じる部分もあるので。マスコット総選挙について触れたのがテンプレっぽい物だけだったのはさすがにどうかと。他見てると羨ましいと同時に寂しさも感じてしまいます。

 

年明け早々の話はこんな所です。

ネガティブ満載にならないようにと言っておいて最後ネガティブで閉めている辺りどうしようもないですね。

こんな感じで今年もやっていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

 

前向きに頑張りたいけれども

開幕したような気がしますが開幕していません。つまりはそういう事です。

 

まぁ結果はご存じの通りで、私は出先で結果を把握しているので現地には行っていませんし、戦術クラスタとかそういうのではないのでそもそも負け試合を見て振り返るというドMな事も出来ないししたくないです。なのそれほど語る事も無いですがひとつ言える事があるとするのならば、あまりにも負け続けると選手も自信を無くして本来ならば出来る事も出来なくなってしまうので(結構ありがちな事ではあります)、負のループに入らないうちに早く抜け出したい所です。

 

まぁ1試合目ですしそれほど思い詰めなくてもと思う所と、これがずっと続いてしまうのではという焦りとの間で動いてはいますが、選手も選手なりに頑張ってくれるはずでしょう。

あとは、サポーターがその足を引っ張るような事をしないのが大事になってくるのでしょう。少なくとも、開幕戦の後にあったらしい話とそれを受けての言った側の立場に近い意見を見て、選手や頑張ってる人には申し訳ないけど行こうと思っていた所をやめようかな、と考えてます。

成績低迷よりも、周辺の雰囲気が悪くなる事の方がよほど集客に影響すると考えているのですが、いかがでしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑ここまで今日の午前中に書いた文です。

 

この後に、新型肺炎の影響によりJリーグの3月15日までのJリーグの全試合の延期が発表されました。一応は3月の中旬からは開始するとのことですが、正直な話山形の3月18日のチケットも発売が延期されてしまっているのを踏まえますとそれ以降もどうなるかはわかりません。

様々な条件から東日本大震災によるリーグの延期を思い出してしまってかなり気分が重いです……。何だかんだ言ってはいましたが、それでも楽しみを奪われてしまって、もうどうすれば良いかわかりません。落ち着かずこのままリーグが再開しないのではないか、そんな事すらも頭に浮かんできてしまいます……。

様々な事がこれからどうなるのか、わかりません。それが辛いです。

2人の監督の話

そろそろ前回の更新のすぐ前に出たにも関わらず、触れなかった話題に触れることにします。

 

2019シーズンのモンテディオの山形を率いていた木山監督が退任する事となりました。

千葉や愛媛での実績を手にモンテディオ山形へやってきましたが、1年目2年目は個々で良い選手はいたもののチームが上手く回らず中位の成績ではありました。ですが3年目はご存じのように一時はまさかの首位に立ち6位でプレーオフにも進出しました。他のチームに比べて恵まれた戦力があったという訳ではなく、チームの人件費も真ん中という状況で上から6位の成績を記録したというのは山形の現状を考えれば素晴らしい事です。全く何の不満もないかと言えばそれは嘘になるのですが、チームの編成にも限界がありますし山形で取れる監督の中でも悪くはない監督であったと思っています。来年もやれるものならば、とも考えてはいましたが様々な事情があるのを考えれば退任というのも致し方ない所ではあります。

木山さん、3年間山形のために戦ってくださりありがとうございました。

 

そして、こちらも発表になりましたが後任には2019シーズンは松本のヘッドコーチをしており、かつては愛媛や京都でも指揮を執った石丸清隆さんの就任が決まっています。記事に名前が上がってから、実際に発表されるまでが2~3日で短かった事を考えますと前々から話し合いはあったのでしょう。

愛媛時代や京都時代に手堅いチームを作っていたのは対戦相手のサポーターとして十分に存じています。山形でも良いチームを作ってくれる事に期待しています。

 

しかしこうして元愛媛の監督が2人続くとは何とも、ですね。以前は山形に来る監督は山形が監督のキャリアとして初めてだった頃を考えると隔世の感がありますね。