Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

サッカーが出来る社会貢献の形

自然災害の少ないと言われる山形県でこの度震度6強の強い揺れを観測する地震がありました。モンテディオの選手やスタッフの無事は確認されており安心しましたが、庄内の方では被害も出ているようです。山形遠征で度々お邪魔していたり、モンテディオの発祥の地でもある庄内地方でこのような事が起こったのに衝撃を受けました。また、庄内在住の方の中には怖い思いをされた方もいらっしゃるでしょう。被害に遭われた皆様が、一日でも早くいつも通りの生活に戻る事が出来ますように。

そして、大変な思いをした人達がモンテディオ山形の選手達の姿を見て元気をもらったり、辛い思いを少しでも忘れる事が出来るように、これから選手もサポーターも戦っていき、かつ庄内方面の復興に協力できる事があれば協力していきたいと考えています。それが、サッカーができる社会貢献のひとつでもあります。

ちなみに、鶴岡市の市町村応援デーは少し先になりますが9月の甲府戦です。その時に物産の販売などもあると思いますので、そこで何かを買うのも良いのではないでしょうか。

羽越本線が9月末まで運休しているのでそれまでは庄内方面に行くのもなかなか難しいかもしれませんが、機会を見て行ければいいなぁと思いつつ。久しぶりにだだちゃ豆アイスも食べてみたい……。

 

 

また、社会貢献と言えばこのような記事もありました。

https://www.montedioyamagata.jp/news/y-2019/n-00009749/

長期療養中の子供をスポーツチームのメンバーとして一定の期間迎え入れ子供たちの社会復帰を手伝っていく、という計画です。Bリーグの方ではいくつか例もあるのですがここに書かれているように東北のプロスポーツチームとしてははじめての事です。果たしてどのように運用されていくのでしょうか。

 

サッカーはあくまでも娯楽のひとつでもありますが、それは一面でしかなくサッカーだからこそ出来る社会貢献もあります。皆で楽しんで、そして社会貢献が出来るのであればとても良い事です。