Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

青と青の戦い

水戸戦見てました。結果こそは山形の勝利でしたが、本当に薄氷を踏むようなというか一歩間違っていれば逆の結果も十分にあり得た試合でした。

前節の水戸福岡を見て水戸が強いのは把握こそはしていましたが、本当にはわかっていなかったのだというのをこの対戦で思い知りました。本当に隙を作ってきませんし、更にこちらが見せた隙からカウンターを仕掛けて来るし、攻撃の鋭さでは山形を上回っていた印象を受けました。長谷部監督は良いチームを作ってくる物ですね……。

そんな水戸に対して一歩も引かずに体を張って最後まで守りきった山形の選手たちはとても素晴らしかったです。前節最後に得点を許してしまい結果引き分けとなってしまった事を糧として、最後の最後まで守りきれたのは今のチームにとっては大きいのではないでしょうか。三鬼選手帰ってきてください、と前節切実に呟きましたが、その三鬼選手に変わって入っていた柳選手の活躍が目立っていましたし、栗山選手の欠場を埋めていた野田選手の働きも見事でした。育成型の移籍なので来シーズンにはいないかもしれない、とはわかってはいるのですが、その戦いぶりは良いものでした。

そして決勝ゴールの阪野選手。ここぞという時に阪野選手は仕事をしてくれますよね……。1-0というスコアではありましたが、山形にとってはとてもとても大きな1点であり1勝でした。ただし、次のアウェイではわからない所もあります。状況の変化もあるかもしれませんが、11月の水戸での対戦の際にお互いの青はどのように染められているのか、それが楽しみになる試合でした。

 

最後に。これを書いている途中に山形県新潟県下越で大きな地震がありました。よく知っている地域での地震に驚くと同時に、大きな被害がない事を願っています。