Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

審判の判定は絶対だからこそ

先日行われた浦和対湘南において、湘南のゴールが入った物がゴールポストへの跳ね返りと判断されてノーゴールとなってしまった件があってから、Jリーグの審判に対しての意見が審判側から見たものやチームの立場になったもの、あるいはサポーターによる行きすぎた審判批判を感情的すぎだとするもの(私はこれです)等と、様々な意見が飛び交っています。

 

ここで私の立場を書いておきます。

私としては審判はゲームの判定を任され委ねられた立場であるのだから、その判定は絶対であり従わなければいけません。たとえ納得できなかろうと文句を言うのはもっての他です。

正しい判定をされていたら勝っていた、そんな事は「絶対に」ありません。勝てなかったのは判定云々以前にゲームの勝者としてふさわしくなかっただけの事です。本当に強いチームであれば誤っていたとされる判定があったとしてこの時の湘南のように勝っていましたし、そもそもレフリーの判定を勝てなかった理由にする時点で勝者の資格はありません。心の中でそう思う分には自由ですが、口にした時点で負けた事になります。口にするということは案に自分達に落ち度はないと周りに同意を求めているのですから。

審判は双方の合意の元でゲームの判定を委ねられている立場であるからこそ、審判の判定は絶対の物でありたとえ貴方は黒と見えていても審判が白と言えばそれは白として試合を進めなければいけません。それに従えないのであれば、ピッチを去るなりサッカーを見るのをやめるべき、そういう存在です。

だからこそ、その判定は正しい物でなくてはならず、ひとつの試合の中で判定の基準が変わったり、感情によって判定を行う、諸々の理由によりゲームのコントロールが出来なくなる、というのはあってはいけない事です。

もっとも、瞬時にそれがどうだったかを判定するのは難しいですし審判も人間ですから間違いが生まれる事もあるでしょうし、感情が出てしまう時もあるかもしれません。そこは仕方がありません。大切なのは間違いが起こった後にどうするか、という所です。再び同じような事例を起こさないこと、これが一番重要です。同じような事が起こってしまえば、それこそ何をやっていたのかという話になってしまいます。

 

選手は人生がかかっているのですから、審判ももっとレベルアップするべきだという意見を何か問題の判定が起こる度に見ますが、審判も退場者を出した場合には報告書が必要だったり判定についてもしっかりとチェックされ、発表はなくても判定の状況次第で割り当てを外される事もあります。更に、審判は試合毎の手当てになるため割り当てを外れるとその分の収入がなくなります。選手同様に審判も試合に人生がかかっています。審判は聖域であるとばかりにふんぞり返っている、というのは昔の話です。というより昔はそれが見えなかっただけなのでしょう。

今回の件を受けて追加の審判を加えるという話やVARを導入しようという話も出ています。追加の審判を導入するにしてもレフリーの人数を増やす必要があり、そのレフリーも誰でも良い訳でなくJのリーグを裁くのに相応しい技量を持った人でなければいけません。また上のリーグの人を増やすというのはその分下から持っていく事になってしまい、下のカテゴリーにその皺寄せが行く事にもなります。一方でVAR導入も1億円かかるという話もあり決して安い金額ではありません。

審判のレベルアップも、見てすぐにわかるように言われたから即座にそこからレベルが上がっていく、という物ではなく徐々に時間とお金をかけて上がる物です。

 

審判を取り巻く世界も変わりつつあります。そして最後に審判のレベルアップにもっと重要な事があります。それは見る側の意識です。

サポーターなので贔屓のチームはあるでしょうし、プレイスタイルの好き嫌い等はあるでしょうし、それを抑える必要はないのですが、最近特にdaznで様々な試合が見られるようになったり今年からジャッジを振り返るジャッジリプレイが始まってから、審判の判定、中でも自分のチームが不利な判定を下された試合でかなり感情的にヒステリックに審判を批判する声が聞かれます。山形も、対琉球戦でこのような事があり試合後のタイムラインがとても見るに堪えない物でした。

感情的になってレフリーを、そして誤審を批判するのは簡単ですしそれで気持ちはすっきりするでしょうが、それでは何も生まれません。自チームに不利な判定には大騒ぎして有利な判定の時にはだんまり、というのではなく見る側もレフリーと共に質を上げていくという事が大切だと考えています。