Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

これから広がる未来への第一歩を踏み出した

さて、先日の千葉戦ではモンテディオ山形ユースの半田陸選手がベンチメンバーに入り、更に後半途中から出場するというまさに山形の歴史に刻まれる出来事がありました。2002年1月1日生まれ、1月1日という日付にもびっくりですが、2002年生まれというのも若いです。2002年と言えば日本でのW杯が行われた年で、その年に生まれた選手がピッチに立つ時代になっているのですね……。私なんかその頃J2楽しいけど楽しくない!(その年の山形の順位を見てお察しください)とかなっていた頃だし、今の半田選手の年齢の頃「J2!面白い!」とか騒いでた頃です。若いですし、その年齢で監督に見いだされトップチームの試合に出ているというのが半田選手の可能性を感じさせてくれます。千葉戦の様子を考えれば徳島戦もメンバー入りするかもしれません。今の守備陣が結構スクランブル状態なので半田選手がいるのはチームにとっても助かっている所もあります。

このまま順調に行けばどこかから「半田くんにお話が」となる未来が想像できますが、出来れば贅沢を言えばもう少しモンテディオ山形のユニフォームを着て活躍する姿が見たいものです。先輩達の良い所をたくさん吸収して良い選手になって欲しいものです。

 

また、忘れてはいけないのはここ数年でのユースを取り巻く環境の変化です。ユースにもトップチームに負けない程の熱心なサポーターがいるのは選手達には間違いなく刺激になっているでしょう。ユースにダービーとか言われても、という向きもあるかもしれませんがやはり応援されて嬉しくない筈はありません。アクセスの難しい会場もある中でユースチームの応援に駆けつけているサポーターの皆様は本当に素晴らしいです。

そして以前からもユースのサポーターさんが今後の環境整備を訴えていましたが、今年になって他のスポーツチームもいくつか参加しているエンゲートを使用してのユースチームへの強化資金調達を始めました。これが、また数年後に半田選手のような選手を、いえそれを越えるような選手を送り出す為のひとつのきっかけになると思えば、とても夢のある事では無いでしょうか。

 

半田選手のこれからと、モンテディオ山形ユースのこれからに期待すると同時に、今以上の更なる活躍を願っています。