Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

今週考えていたあれこれ、スタジアムでの写真撮影に関しての考え

長文記事です。読まれる際はその点をご了承ください。

 

 

ここ数日、モンテディオ山形twitterが荒れていました。発端はこちらのツイートから。

 

私としては該当のツイートを見て以前から注意をされていた話でもあるし、それを改めて言う程の事があったんだなと考えており、この方針についても全面支持でいたのですが、反発の声も結構大きかったようです。この件で相当チームが叩かれているのを見て、別に間違った事を言ってないのに何でここまで言われなければいけないのだ、という気分になりました。

山形サポーターだからチームの言う事に賛成なんだろうお前は、と言われるかもしれませんがここ最近のチームの方針には疑問を呈していますし様々なことが積もりに積もってサポーターやめようかと本気で何回か考えてだいたい続いていたホーム開幕戦行きも今年はしない(金銭面という所もありますが)と考えてますし、広報さんについてもディーオのマスコット総選挙より自分のダイエット報告の方が大事だった姿勢等最近どうなのと思う部分も見受けられます。

でも、この件に関してはチームの姿勢を評価していました。

 

それは、そもそもが試合の映像の権利がJリーグにあるため、試合の写真をSNS等にアップロードする事が本来はダメで、何も言われないのはチームから黙認されているから、という考えが私の中にある事が理由です。自分で写真を撮った上で自分で楽しむ、のであれば全く問題はなく、そもそもこのツイートでは撮る事自体が禁止されている訳ではありません。

また、ここで書かれているのは(練習時の話はここでは触れません)「選手の肖像のある物」と「試合の写真」であり、試合中のスタジアムであっても遠景からの物や、あるいはスタジアムの外での写真やスタジアムグルメの写真やマスコットの写真、あるいはスタジアムの風景は該当しない、と私は取りました。もしもその辺りもダメだというのであれば、昨年に新商品のだっこディーオを連れて色々な所で写真を撮って欲しい、というようなだっこディーオのフォトコンテストなんてやりませんし、広報さんからの「これからもSNSで様々な企画を……」という発言があるはずもありません。

そして、私は以前にも似た話が話題になった際に直接聞きましたが、その時も選手が映っているとかでなければ問題はない、と返事を頂いた記憶があります。

ですので、山形ではスタジアムの写真も撮れないとか、山形はSNSでの画像アップロードは全面禁止だ、ファンの盛り上がりを阻害している、というのは明らかな誤解なので、ルールを守って迷惑にならないでやれば良いと受け取り、今まで通りにやっていく方針を取るつもりでした。万一何かを言われたらその時はその時の対応を取りますし、そもそもがスタジアムグルメやスタジアムの光景を撮っているのを厳密には違反ですよと言ってくることはないと踏んでました。実際にやったらきりがなくなってしまいますし。

 

そして、様々な反応を受けての火曜日にあった対応はこちら。

 

<s>モンテディオ山形には珍しく</s>反応がとても早いと同時に、ベストとは言えないかもですがベターな対応です。というより、この早さを考えますと恐らくは元からガイドラインを決めるつもりでいて、SNSで様子や反応を見てどこまで良しとするかだったのかなとも思います。

ここで書かれているような事情を見ている限りでは、試合写真を削除してくださいと厳しい文面になったのも仕方ないか、という気はします。画像がモラルに反する使われ方をしている可能性があるという状況はチームとしても到底見過ごせる状況ではありませんし。それなら最初からSNSでそれらの話をすればともあるかもしれませんが、それだとわかる人にはわかってしまいますし、プライバシーの問題なんかもあるので察してくださいとやんわりとしたお願いになったのでしょう。フォロワーさんの中で恐らく変なコラージュ使われたのでは?という事を書いている方がいましたが、それですと画像の出所ははっきりしないけれどもモラルに反した行動はある、状況なのでああいう言い回しをせざるも得なかったのはわかる気もします。具体的に何があったかを書くと興味半分で見たがる層とかもいるでしょうし。

コラージュやネタにされたことが原因かどうかはわかりません。でもそれで、「ユーモアがない」とか「そのくらい見逃せよ頭固いな」というのは間違いだと、どちらかと言えば冗談が通じない側の人間としては思います。自分達がバカにされて、モラルに反するとまで言われた事をされて、面白いし話題になってるのだからいいんじゃないか、という気持ちにはなれませんし、守るべき所守りたい物もあります。ましてやサッカーチームなのですから、チームのイメージやブランディングは大事でしょう。それを貶されるような事をされて黙っていられるはずはありません。

写真を撮る人達からしてみれば「私達は悪いことしてないのに何でここまで」となるでしょうが、世の中には想像を絶する行動や絶対にそれはしないだろうという行動を平気でやる人間がいて、一回それがあるとそれを想定した注意が加わる事もあるのです。そして、世の中は善意の利用者ばかりではなく明確な悪意を持って近づく人間もいます。そこから選手を守るのもまた、チームの役割なのです。

 

あと考えたこととして、実際のホーム開幕戦プロモーションが、SNSを否定するどころかその真逆のSNSに寄せたプロモーションをやっている辺り、もしかしたら非公式の写真によって公式にまでリーチが届かなくなる可能性を懸念しての対応もあったのかな、とも思いつつ。

 

何はともあれ、ルールを守りさえすれば今までのように写真が撮れる事になりました。公式のPRは勿論ですが、このSNS時代にファンの口コミもまた大事になってきます。写真で選手の魅力を伝えてそれを上手く観客動員増に繋げて欲しいと同時に、お互いにルールやマナーは守って欲しいと思います。

もしもまた、何かしらのトラブルが起こってしまったら今度こそ極端な事を言えば「スタジアム内へのカメラの持ち込み禁止」と、厳しい事になってしまうかもしれないのですから。

コンサートやライブや演劇の類は録画は勿論、撮影は禁止です。サッカーも本来はそういう所もあり、写真が撮れるのはチームが許可してくれているからであり、当たり前の権利ではない事を忘れないで、チームの魅力をより引き出せる、スタジアムに行きたいと思えるように写真で楽しんで行って欲しいな、と考えています。

 

 

長文になってしまいましたが、私の考える事としては以上になります。読んでいただきありがとうございました。