Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

勝ったけれども考えなきゃいけないその先

山口戦見ていました。……さすがにdazn観戦です。山口のアウェイもなかなかいい所だと聞いていますし、松本の山賊焼とは違う山賊焼きもあるようなので、それも気になっています。遠距離のアウェイ戦ではありますが、一度は行ってみたいですね。レノ丸にも会ってみたいですし。

 

ホームでの対戦の際は山口相手に何もできずに敗れてしまいましたが、今回の対戦ではその借りを返すことに成功しました。とは言え、磐石の試合運びであったかと言えばそうではなく、特にリードしてからの後半に山口にチャンスを良く作られてしまっていましたし、危ない場面もかなり多くこちらが先制していなければ、例えば0-0のままで後半に入っていたら山口に先に点を奪われて逆の結果になっていたでしょう。モンテディオ山形はよく新聞でM山形と書かれますが、そのMには別の意味も入っているのではないかとも思いたくなるような状況です。点の取り合い殴り合いよりはその方が山形らしいですし、そういう伝統もあるかもしれないとは言えあまりにも綱渡り過ぎませんか。そして更に言えばディフェンス陣が一人抜けたら一気にきつくなります。

でも、そんな中でも勝って勝ち点を積み上げられたのでよしとします。昇格やプレーオフを狙う上ではまだまだ足りない所もあるでしょうが、個人的にはそれはわかりきっているので残留さえできればそれで十分です、と意識の低い事を言ってみます。そもそも準備が整っていない中で昇格をしても痛い目に遭うだけですし。ただ、チームというかクラブ自体の力をつけていく事は必要なのでシーズンの残りでやれるだけの事はやってほしいです。

正直な話このクラブに関わる未来に現状ならばあまり良いものは抱けませんし、後から来たチームに抜かれていくのだろう、そう今回対戦した山口のようなクラブに、というのはありますが、それでもこのチームから上へ這い上がる為の足掛かりを探して戦う選手やこのチームのために力を尽くしてくれる選手達に頑張ってほしい、そして頑張っている人達が少しは報われて欲しいという気持ちはあります。

 

勝った後の試合とは思えない文章ですが、どうも色々と考えてしまってこうなってしまいます。もう少し状況の良いチームでしたらそこまで考えずに純粋に勝った嬉しいとなるのでしょうが。

でも、他の一面を切り取れば山形の状況はまだ恵まれているとも言えるので、だからこそやらなければいけない事も沢山あるし頑張らなければいけない部分もあると考えています。

何が足りなくてその為には何をやらなければいけないのか、様々ありますがまずは目先の甲府戦をどう戦うか、ですね。