Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

いつもの心構えを大切に

徳島戦は防災デーとなっていますが、各地で地震が発生している今、いざという時に備える事の大切さを考えたいですね。

また、大阪で起こった地震の被災者の皆様にお見舞い申し上げます。1日でも早く日常に戻る事が出来ますように。

 

今日、今節の対戦相手である徳島の大崎選手のヴィッセル神戸への移籍が発表されました。気になる神戸での合流時期については24日の試合までは徳島のメンバーとして戦うようです。

…………神戸に移籍する、というのに怪我をされては大変ですし、ましてや遠距離の山形のアウェイ戦ですから、ここは大事をとってお休みしませんか。無理をさせてもお互いの為にはならないでしょうし。駄目ですか?

というのはさておき、選手の個人昇格が決まった状況でのラストゲームに、というのは水戸時代の塩谷の事を思い出して山形的にはうっ頭が、案件ではあります。

 徳島は何試合か見たのですが守備が良いですし、山形が苦手とするタイプの点が取れる選手がいるというのが厄介です。徳島の監督であるロドリゲス監督のチーム相手には勝利がなく、しかもこの時期のホームで大量失点を喰らっているのでもしかしたら相性もあるのでは、とも思います。

この間も書きましたが、山形が調子が良い中で迎えたこの時期のホーム徳島戦、という状況は去年と全く同じです。そして去年はそのホーム徳島戦にて何があったかは触れるまでも無いでしょう。

しかし、去年と異なる点があります。ひとつはチームの顔ぶれが去年と違う事です。今年のチームには去年いなかった選手が複数います。勿論それは向こうも同じことでしょうが、同じ対戦相手でも去年とメンバーが違えば勝負の行方も変わってきます。そしてもうひとつは、この状況で迎えた去年の戦いという苦すぎる経験を積んだ事。これで一度のミスから崩れてしまう怖さを学んだ筈です。去年と同じようなこのタイミングでの徳島戦に思う所もあるかもしれませんが、気をもう一度強く引き締めて目を覚ますには良いタイミングでしょう。

甲府に勝ちましたが去年だって、ぶっちぎり優勝した湘南に2勝してあの結果でした。勘違いしないでください。私達は何も手に入れていません。もしもここで自惚れてしまえば、この徳島戦も去年と同じことになってしまいます。そうならない為にも、もう一度自分達のやることをしっかりとやり、何があっても慌てたり浮わついたりしない。相手はその隙を突いてくるのが上手な監督です。

去年は去年で今年は今年です。去年の分の借りをしっかりとここで返しましょう!