Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

この試合を語るには、私の言葉では足りないくらい

今回は甲府に行けなかったのですが、八ヶ岳ベーコンが気になります。このベーコンやウィンナーの盛りの良さ、すごく食べごたえがありそうでしかも美味しそうだという意味であって、決してお姉さんが気になるという意味ではないです。

 

勿論八ヶ岳ベーコンを食べられる訳もなく、今日も今日でdazn観戦でした。上位の甲府を相手に押しつつも先制された時は監督交代以降調子を上げ、更には浦和に対してルヴァンカッププレーオフステージで勝ったチームなだけあるな、と感じその後も幾度も幾度も山形ゴールを脅かし続けてきました。先日行われた甲府大分にて、大分が開始15分で4失点してしまったのに驚きましたが、この時の甲府を見ていればそれも納得でした。甲府の時間帯になった時に決定的な得点を早めに奪われていたら、また結果は大きく変わってしまっていたのかもしれません。

しかし、この日の山形は相手の時間帯になってしまった時に信じられない程踏みとどまり続けました。この試合だけで何回櫛引選手に、加賀選手に、栗山選手に助けられたでしょうか。この試合を見ながら、彼らの頑張りが報われてほしいと、3とは行かなくてもせめて勝ち点1は欲しい、そう感じさせてくれたそんな戦いでした。

そしてそれに応えるかのように途中交代のアルヴァロ選手が同点ゴールを生み、引き分けで向かえたロスタイム、好調の甲府に対してアウェイでの勝ち点1でも十分だ、という中でしたがそれ以上の結果を残してくれました。2004年以来勝利の無かったアウェイ甲府での久しぶりの勝利、耐えて耐えて、というかつてのモンテディオ山形のそれを思い出すかのようなこの勝利。現地組の人達にはとても良い思い出になった事でしょう。

daznでの中継越しに見ていても、思わず興奮してしまうほどのこの勝ち試合、本当に素晴らしかったです。

 

ただ。リーグ戦はまだまだ続きます。

そして去年の今頃も、今回の甲府と同じく関東圏のアウェイゲームで劇的なロスタイムのゴールで勝利した試合がありました。去年の今頃は、この次の試合での敗北をきっかけに苦しむ結果になってしまいました。

その時の「この次の試合」はホームゲームでした。相手は徳島でした。

そして、今年の次の試合もホームゲームで相手は徳島です。

やることはひとつしかありません。

去年の借りを、何としてでも返す。