Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

未だにやまない雨の中で

 栃木戦は0-1での敗戦です。見ていないので、というか負け試合なのもあって見る気がしないのですが、失点のシーンの辺りでの判定で少しもめる所があったようで。私見ではあるのですが、上手く行っているチームはちょっとした判定を上手く味方に付けられる一方で、そうでないチームはちょっとした所の判定も味方にならない、そういうような物と割りきっています。気持ちはわからなくはないのですが、そこは押さえなければいけない所でしょう。

これで連敗になる上に、次はアウェイで好調な福岡と厳しい試合が続いて心が折れそうです。選手の方がもっと大変なのはわかるのですが、それを考える余裕もないダメサポーターです。

 

モンテディオ山形の楽しさを伝えるブログです、と書いて始まったはずのブログなのに、どうしてこう楽しい事よりも苦しい事の方が多くなってしまっているのでしょうか。昔は良かった、というつもりはないですが、昔の方が成績が思うように行かなくても、ダメならダメなりに楽しめていたのですが、今はチームを見ていても「多分監督が変わったらみんな出ていくんだろうなぁ」という気持ちの方が強くて。こんなチームに誰がしたと思いつつも、サポーターのこれまでの行動も結構という所もあったので何とも言えず、このまま希望もなにも無くチームを信じられない、という状況がかなりしんどいです。

こういう時こそ応援するのがサポーター、なんでしょうがちょっと気持ちが動かないです。また何かの拍子で勝つ事があれば、もしかしたらまた気持ちが少しは上を向くかもしれませんが。

 

よく「貴方のチームが弱いからと言って貴方が死ぬわけではない」という事を言う人もいますが、チームのこの先に希望もなにもない状況でそれを言われたとしても「勝てないのはある意味で人生がダメになるような物だ」と反発する気持ちの方が強く出てしまいます。

そんな思いでチームを見ている人だっているのです。どうか、どうかその人の思いを無駄にするような事はしないでください、と願うしかないのが辛い所です。

 

 

どこで道を間違えてしまったのでしょうか。

私も、愛しているはずのチームも。