Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

観たいのはホームでの2勝目、それだけ

松本遠征から3日、山形の現状にやさぐれていた所通勤中に捻挫をしてしまい会社を休まなければいけない事態になりました……。捻挫とか靭帯損傷というのは各チームのリリースでよく見ますが、これがこんなに辛いとは……。特にスポーツする訳ではない私が「仕事行けない……」なんですから仕事以上のパフォーマンスで足を使う選手たちはなおの事ですね。

 

現状山形のあげた勝利というのは試合数11に対して3。昇格を狙うのであれば少ないでしょうし、残留を目標にするとしてもこのペースですと不安も残るでしょう。酷い時が本当に酷かったですし、J2のレベルは年々インフレーションしている一方で我々がそれについていけているかというとかなり疑問なので。

昨日出た決算のデータ↓

2017年度モンテディオ山形決算について | 株式会社モンテディオ山形

を見ている限りでもJリーグ全体で25~30番くらいと単純に並べてもJ2の中堅位の状況なので、この状況で昇格しろというのはかなり厳しいというか、それで昇格を目標というのはサッカーをわかってないというか、ブラック企業の経営者ですか貴方は無責任すぎませんか、という印象です。最も、もう少し高くまで行けるチャンスがあったのにそれを変な形で潰してしまっているという所もあるのですが。

ただ、新聞記事を見ているとチーム経営方面の中にいる人達が現状に危機感を抱いているようなので、それがチームを変えてくれるのを期待しています。

 

それはさておき栃木戦。

栃木はJ2に戻ってきたばかりのチームではありますが、ここまでそれなりに勝ってきており、さらに言えば得点力がかなりあることを山形サポーターとしてはとてもよく知っている大黒がいます。更にかつての山形の「男前」西河もいます。二人とも能力は十分な選手で山形のメンバーで陣で彼らを止められるかどうかというのが疑問で、かつての栃木のイメージは捨てて挑むべきでしょう。

3勝はしてはいますが厳しく言ってしまえばそのうちの2勝は現状で最下位とその上のチームに勝っただけの事で、それで満足してしまえば残留争いすらもできないで終わるでしょう。松本で痛い目を見た事を糧にして、まずJ1でも通じるサッカーを、とか自分達の湘南スタイル風の山形スタイルを、とか自分たちのやりたいサッカーを、というよりも確実に勝てるサッカーをやる方が先なのではないかと思います。

とはいえ、なかなか会場に行けないdazn観戦が中心の立場で偉そうな事を言うのは筋違いかもしれません。それでも、愛するチームの勝利を願っている人たちは沢山います。その人達の気持ちにこたえるような、そしてそれ以上にそのチームにお金を出している心あるスポンサーの為にも、勝ってください。ただそれだけです。

アウェイで失った自信はホームで取り戻しましょう!