Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

歴史を繋ぐということ

レプリカユニフォームを予約しようかどうかを迷いつつ……。レプリカユニフォーム、「3月下旬」の到着でホーム開幕には間に合わないんですよね……。

 

さて、やっと前々から書こうと思っていた事が書けます。前々から書こうと思っていた話というのは、石川選手……いえ、今は石川コーチと呼ぶべきなのでしょうか。その彼の話です。

昨年、「山形本能」の垂れ幕にも出ていた石川選手が山形を契約満了になりました。石川選手は2008年にJ1昇格を決めた際も、2014年にJ1昇格を決めた時もそのピッチの上にいて、かつ石川選手のプレーがJ1昇格を引き寄せました。それだけではなく、チームが目まぐるしく変わっていく中でずっと山形の左サイドバックとして欠かせない存在でいました。今思えば、2016年にあそこまで苦戦したのは石川選手の不在が多かったというのがあったとも思います。2017年も試合出場こそは少なかったですが、契約満了が伝えられた後の最終戦ではJ1で戦っていた頃からも決して色褪せない程のプレーを見せていました。実際に声をかけたチームもあったという話も流れてきて、石川選手の去就が気になっていました。

そんな矢先に、この知らせが。

 

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2018/p-4/n-00007971/

 

 

まだまだやれそうだと最終戦で感じたので年齢の問題はありますがどこかのチームで現役を続ける物だと思っていましたが、現役を引退して山形のコーチになりました。

石川選手もかつて山形にいた高橋健二選手や宮沢選手とプレーしていて、その姿を見て彼らと同じ年までプレーしたいという気持ちを胸に抱いていたという話を聞いた事があります。その気持ちも間違いなくあった中でユニフォームを脱ぐ決断をしその後最初のステージとして山形を選んでくれたのはもう少しプレーが見たかった立場としては少し寂しさもありましたが、嬉しかったです。選手としての立場からコーチとしての立場へ変わっても共に山形で戦ってくれる石川コーチをこれからも応援していきたいです。

 

石川竜也 石川竜也 俺達と共に行こう

 

 

そして、かつて山形にいたGKであった鈴木雄太選手と県出身で長くチームにも所属していた秋葉勝選手もモンテディオ山形へ戻って来てくれました。

彼らを応援しに行くサポーターも多かった事からもわかるように二人とも山形でかなり愛されていた選手だったので、この二人の復帰は嬉しいサポーターも多いのではないでしょうか。

山形は他クラブに比べてなかなか元いた選手がチームに戻ってこない事にチームや山形に魅力がないのかなと残念に思う気持ちがありましたが、こうしてまた戻って来てくれる選手がいるのを見ると、それでも少しずつチームの歴史が刻まれているのかな、とも感じました。

 

石川コーチ、秋葉コーチ、鈴木さん、改めてよろしくお願いいたします!