Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

選手の出入りに一喜一憂するこの頃

一喜一憂どころか一喜千憂くらいの勢いですが……。

 

風間選手の群馬へのレンタル移籍が発表されました。序盤の試合では出番もあったのですがそこで制裁を欠き、安西選手が期限つき移籍で加入してからは出番が無くなってしまいました。山形ではこのような状況でしたが、新天地で活躍して群馬のJ2昇格の力になってきてください。

 

また、同じく群馬にこちらは育成型期限つき移籍で永藤選手が移籍します。もしかして、との覚悟はありつつも、実際に発表されると寂しいものです。永藤選手と言えば何と言っても、崖っぷちの状況だった山形を救った長崎戦のゴールですね。この選手がいれば必ず何かをやってくれる、そんなイメージのあった選手だったので残ってほしかった気持ちがあります。今年は思うように出場機会を得られませんでしたが、出場機会があれば間違いなく伸びる選手です。群馬でゴールを量産して、また山形に戻ってきてください。

 

一方で新加入選手として、FWのフェリペアウベス選手とDFのジャイロロドリゲス選手が加入します。フェリペ選手の方は期限つき移籍になります。

昨年はブラジル人選手がいなかったので、いきなりブラジル人選手が3人もいる形になります。木山監督にブラジル人選手を使いこなしているイメージがないので、これがどうなるのかわかりませんし、そもそも所謂当たりの選手であるかどうかもわかりません。くどいようですが、今までJ経験のない外国人選手を連れてきて上手く行った経験がないので、重要なポジションを外国人選手に任せるのに若干不安もありますが、不安がっていても何も始まりません。掌を返すような活躍に期待しています。

 

戦力外通告をした選手の数が少なかったので、今年はもしかして多く出ていくのかな、と覚悟はしていましたがやはり予想通りの大幅な入れ換えでなおかつその穴を埋める補強が出来ていない事に不安もあります。これからそれを覆すような物があれば良いのですが……。

あとやはり気になったのは、ここ数年の加入選手がごっそりいなくなっている事です。その加入選手も前からいて山形の顔になりサポーターに愛されていた選手でした。選手の入れ替わり自体はやむを得ない事ではありますし、お金を出されては勝てない所もあります。ですが、本当に何が目的なのかわからない人事が多くて正直な話疲れています。

山形の現状とこの時代の流れで、これでJ1を目指すのは厳しいでしょう。でも、時間はかかったとしてもJ1を目指せるだけの基盤作り、そして本当に愛されるチームを作ってください。言えるのはそれだけです。