Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。今年も去年のようなペースであると思われますがよろしくお願いいたします。

 

さて、新年ということで新加入選手の話からです。まとめてという形な上にリアルタイムではなくてすみません。抜けた選手の人数的にはもう少し加入の情報が入ってくれると嬉しいな、と思いつつ……。

 

まずは町田から松本選手。町田で松本とはなかなか誤解のしやすいというか頭がこんがらがりそうですが、新加入選手です。

話によるとどうやらサイドの選手であるようで、一部では注目されていた若手の選手なようです。町田はJ2ライセンスしか持っていないので、恐らくJ1で戦うチャンスを望んでの移籍でしょう。山形は確かに地方でお金もないチームですが、それでそのチームに夢を持って来てくれる選手もいます。サイドの人数が減っている事もあってか、サイドの出来る松本選手にかかる期待が大きくなりますが、頑張ってほしいものです。

 

熊本からは三鬼選手が。町田時代に良い選手だという話は聞いていまして、熊本に来てからはシーズン後半にボランチとしての才能が開花し、ボランチで出た試合は負けなしだったとか。様々なポジションをこなせる選手というのは心強いですね。山形での活躍を期待しています。

 

外国人選手としてアルヴァド・ロドリゲス選手が。ブラジル人選手が来るのは2016年のディエゴ選手以来になりますね。去年はブラジル人選手がいれば……という部分もあっただけにアルヴァロ選手に活躍を期待する所もあるのですが、過去これまで山形が取ったブラジル人選手でJリーグ経験の無い選手が上手く行った例というのがなく、その点が不安ではありますがその不安を払拭する位の活躍が見たいですね。

 

鳥栖から坂井選手。坂井選手と言えばかつて日本代表候補にもサプライズ選出され話題になりましたが、それ以降は様々なチームを渡り歩き思い通りの活躍が出来ないという状況が続き、トライアウトを経て山形に加入という形になりました。本人も期待されていながら結果を残せず、ここで駄目ならば後がない位の気持ちでいる事でしょう。今までの鬱憤をこの山形で晴らしてください。ポテンシャルはあるのですから、それをこれから発揮する時です。

 

GKには清水エスパルスから、ファジアーノ岡山にレンタルされていた櫛引選手が完全移籍での加入です。櫛引選手、こちらもユース時代から注目されていた選手ですが以降は伸び悩みました。だからこそ山形で再起を果たしたい気持ちは強いはずです。復活の狼煙を山形から挙げられるような、そんな戦いを見せてください。まずは児玉選手や摂津選手とのポジション争いから、ですね。

 

他にも、瀬沼選手の完全移籍での獲得や茂木選手、西村選手の期限つき移籍が発表されています。続々と選手の顔ぶれが発表されているのは良いことです。他に選手の契約更新も発表されています。これかもまだ選手の往来があるでしょうが、果たしてこのチームはこれからどうなるのでしょうか……。