Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

山形と最も対戦したチームかもしれない水戸戦

ガルパンおじさん山形サポ支部がアップを始める時期がやってまいりました。最終章の公開も近づいていますし予習がてらに訪れる人も多そうですね。去年の時のように大洗町とかガルパンとのコラボマッチでもないのでガルパン要素は去年よりも薄いですが、大きな幕は今年もありますしそれはそれで楽しいです。牛乳も無事に販売再開されたようです。

 

http://www.mito-hollyhock.net/news/7397/

水戸公式と言えば最近トップページが微妙に煽っていますが、今回はホーム最終戦というのもあってか山形に絡んだ煽りが無いのが少し寂しい……と思いきや、ここのケーズデンキサンクスマッチの告知にはちゃんと林選手を選ぶ辺りわかってます。

 

http://www.mito-hollyhock.net/news/7393/

こちらは試合そのものではなく試合前日に企画される呑み歩きイベントとのコラボの話です。水戸という距離を考えると日帰りの人も多いでしょうが、何とは言いませんが聖地を回られる方等は泊まりで水戸にという人もいらっしゃる事でしょう。

 ユニフォームを着て参加するとちょっとしたプレゼントがあるのですが、注目は「モンテディオ山形サポーターの方も対象です」と書かれている事です。何かと呑む機会の多い呑むのが好きな山形サポーターには嬉しい企画だと思い、ここでも触れてみました。

 

詳しく書けるかはわからないのですが、去年水戸市主催のおもてなしバスツアーに参加して来てこれが意外と楽しく、水戸市の歓迎ぶりにかなり感心したものです。シーズンオフの偕楽園なんてなかなか行ける物ではありませんし、だからこその楽しみもありましたし梅酒も美味しかったです。

先にも書いたように、首都圏の方からしてみては日帰りの圏内なのでサッカーだけ見て日帰りという人も多いでしょうが、時間を作って水戸市を見てみるのも面白いかもしれません。

 

 

去年は0-1で敗戦を喫してしまい、決してこれまで相性が悪いわけではなかった水戸に負けたという事で正直な話この時かなり覚悟はしました。

あれから一年近く、両チームの差は意外なほどに開いてしまいました。持てる駒を活かしきれていない、のでしょう。辛く苦しい試合が続いた今シーズンではあるのですが、せめて残り2試合くらいは笑いたいものです。現地には行けませんが、勝利を願いつつ吉報を待っています。