Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

ホームで初めての勝ち点1

岡山戦もdaznで見ていました。これまでのNDスタでの岡山戦はお腰に付けた勝ち点3どころか勝ち点1すらも手に入れられない試合が続いていました。勝ってはいるのですがそれはアウェイでの事で、ホームで引き分けすらもないというのが苦手意識に拍車をかけてしまっていました。

 

そんな中で、昇格プレーオフに行くためにも上位陣との差を詰めておきたい山形でしたが、押し気味の展開の中で岡山に先制されてしまうことに。決められるならばこのタイミングだろうなという所でこうなってしまったというのは山形にとっては痛手でしたが、徳島戦と同じように後半に栗山選手のゴールで追い付きました。ここまでよい場面の無かった栗山選手ですがようやく面目躍如と言った所でしょうか。

しかし、岡山の守備も固く1-1での引き分けで終わりました。山形が押している時間が長く逆転の気配もありましたがドロー、というのも徳島戦と同じでした。ホームですしここは勝ってて欲しかったというのが本音ではあるのですが。

先制されて追い付けるようになったのは、先制された時点で既に試合が終わっていた頃からしますと良くなったと言えるのですが、未だに先制されて逆転した試合がないというのは課題として残っていますし、そもそも先制されるような状況が不味いです。

幸いなことに、この岡山戦では出場停止だった加賀選手が次の京都戦から戻ってきます。京都も個人の力の強い選手が多く、特に手強い選手がいるのも良く存じています。まずは目の前の試合を勝って行きましょう。