Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

勝ち点1でも、と考えたその顔の裏に

横浜FC戦はdazn観戦していました。三ツ沢はある年はだいたい行っているので、行かなかったというのは何年ぶりでしょうか。湘南行ったばかりだったりとかもあったので色々あってね……。

とりあえず横浜のメインスタンドにファミマのスポンサー幕っぽいのがあったのでよく見たらそれがファミマ入店音がチャントである野村選手の横断幕でした。こういうのは結構面白いと思います。

 

さて試合の方ですが、これもまた劇的な幕切れでした。両チーム消耗戦と言っても言い過ぎではないこの試合、最後の最後に投入されたボランチの松岡選手を見て、「山形は勝ち点1でも取れれば……」と言っていて、私自身も相手は上位だし点取られなければ十分だ、と頷いていましたが詰めの甘さを反省しました。勝ち点1狙いでもと言われた松岡選手も含んでの勝負のカウンターが見事にはまり、引き分けかと思われた一瞬の隙を突いての瀬沼選手のゴールで1-0と勝利しました!

これ現地のサポーターも感動したのではないでしょうか。ましてやピッチの近い三ツ沢、ダイレクトに決まっての興奮は何物にも代えがたいでしょう。daznで見ていたのですが、ホームの声援にも負けないくらいの応援、しっかり聞こえていました。

とはいえ、紙一重の勝負であったのも確かです。ここからは強豪との対戦が続きますので、より一層気を引き締めて今後の試合に臨んでいただきたい所です。

 

さて、今週は週の半ばにも試合があります。天皇杯のV・ファーレン長崎戦です。なんと、この試合に勝てば今ならホームで鹿島とやれます!……と、今話題の高田社長風に言ってみました。山形にもこういう人が来ないでしょうか。それとも将来を見据え今から育てた方が良いのでしょうか……。

山形も負け無しですが長崎もそれ以上に負けなしである上、リーグ戦では手痛い敗戦を喫してしまっているので調子が良いから、と油断することなくこの長崎戦に挑んで欲しいです。メンバーは誰が出てくるのかは読めない状況ではありますが、この試合で復帰する選手やあるいはレギュラーを狙っている選手の活躍で、この天皇杯でひとつでも上に行けるように勝ちましょう!