Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

2016.11.3の忘れ物を取りに来ました

アウェイゲームではネタ探しも兼ねて行かない試合でも相手チームの公式に行って山形戦をどう告知してどんなイベントがあるかを見ているのですが……。

 

http://www.yokohamafc.com/kickoffevent/57763

>味噌芋煮うどん

>味噌芋煮うどん

 

山形芋煮警察だ!山形との対戦時でその芋煮を出すなんて逮捕する! 芋煮は牛肉醤油味である!庄内風は認める。ただこの世に蔓延る味噌味の芋煮はだいたい仙山線の向こうっぽいのであるので。

仮にうどんにするとしても芋煮カレーという手もあったのに味噌の芋煮うどんとは……。横浜FCサポーターのエリアで出すメニューだからってこれは山形サポーターとして許しがたい……。

まだファジアーノの一体山形のどこで食べられてるんだと突っ込みたくなるおでんが可愛く見えます。

 

フリ丸あんぱんは美味しそうですね。

 

さてそれはともかく横浜FC戦です。前回の対戦は忘れもしない三ツ沢でJ1残留を賭けての試合、しかもその前に選手の逮捕という自体もある中でサポーターがまとまって応援しチームに熱いエールを送りましたが、一旦追い付くも終盤に失点してしまい1-2で敗戦となってしまいました。その時は、サポーターがここまでまとまっていたら大丈夫だという気持ちと、このままズルズル行ったらどうしようという気持ちで試合後揺れ動いていました。全くもって余裕のない、そんな状況でした。

それがきっかけになったのか、続く長崎戦で価千金の勝ち点3を取り残留への足掛かりとしました。三ツ沢での横浜FC戦はある種のターニングポイントでした。

それから半年以上が過ぎ、今年もJ2クラブとして三ツ沢に来ることが出来ました。その時はプレーオフを争っていた横浜FCはJ1昇格を狙える成績で、こちらも横浜FCを追う位置でこの試合を戦います。

横浜FCは大分との試合を中継で見たのですが、この大分との試合ではやや良さが消えていた所もありますが個人能力の高さが光りますね。昨年の対戦でも見事なFKを撃ち込んだイバも健在でした。群馬と2戦続けて個人で点の取れる選手と対峙するのですね……。

個人で点の取れる選手は流れに関係なく試合を持って行くのでなかなか嫌な存在ではあります。しかし、ここは得意のチームワークで戦い止めていきましょう。

順位を考えても横浜を止めるのは簡単ではないでしょうが、上を目指すためにもここは勝ちたいです。あの日を知っている選手も、知らない選手もいますが力を合わせて、あの日に掴み損ねた勝ち点3を今回こそは手に入れられますように。