読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

アカウント開設の話から真面目なポエマー文を

 http://www.montedioyamagata.jp/news/g-4/y-2017/m-3/n-00006727/

 

LINEとFacebookのアカウント運用が開始されたようです。一旦作った以上は運用していくのがとても大切です。出来る限りこまめに利用している方に情報を届けて、よりチームを身近に感じてもらえるようにしたいですね。

山形のような地方のチームは厳しいです。ましてやこれからはクラブの格差もどうしたって大きくなってしまいます。そんな中で大切になってくるのはよりクラブを支えてくれる人を増やす事です。

クラブを少しでも身近に感じてもらって、コア層にならなくても「ゆるいサポーターだけど」という人を広く集めることが大切なのかなと考えています。

 その為にも、LINEやFacebookのアカウントはチームの事をより広く知ってもらい、チームに触れる機会を増やす意味でとても大きな事なのではないでしょうか。SNSは上手に運用出来れば良い武器になります。

twitterアカウントという前例があるので、上手に運用してSNSからクラブの支援の輪を広げて行きたいですね。

 

 

真面目な話、今日の朝から話題になっている長崎の件に関連して「地方のチームは小口のスポンサーを沢山集めないと生き残れない、そして逆もまた真である」という言葉を見てとてもその通りだと思わされて納得させられました。地方でもうまく回っているクラブはだいたい、規模はそれほど大きくなくても沢山の支援の輪があります。

そこで今の山形の現状を見ると、残念ながらかなり高い確率で長崎や栃木と同じような事態が起こる危険性があると判断せざるも得ないです。これらのチームの話は他人事ではないです。スタジアムの看板を見ていても、甲府のレベルとは行かなくても他と比較して多いとも言えませんし。

だからこそ、より多くの人がこのチームを応援したいと思ってくれる、そんな魅力のあるチームを作っていく事が大切なのではないかと思います。勿論それはサポーターも含めてです。

チームの魅力は成績だけで作られるのではありません。成績関係なくチームを愛してもらえるような所からもう一度はじめて行くこと、それが大切なのです。

栃木や長崎みたいな危険が、と書いたのはそこで、チームの成績やJ1ばかりを見ていて、それ以外の魅力を作る事をおざなりにしているのでは?と薄々感じている部分が見えるからです。

成績問わずにチームを愛してもらえるような仕掛けを作るのは難しいことです。ぶっちゃけ言えばJ1に昇格するチームを作る方が簡単かもしれません。それでも、やらなければいけないのです。成績だけを追い求めれば、いずれ頭打ちになったり他のチームにかなわなくなってしまう日が来てしまうので。

成績を問わずにチームを愛してもらえるようなお客さんが増えればクラブの規模も徐々に大きくなるでしょうし、今までは厳しかった部分も越えていける事もあるかもしれません。

 

少しでもこのクラブを応援したいと思ってくれるようなきっかけを作れるように、私も少しずつではありますが出来ることを頑張っていきたいです。

……まずは、サッカーやその周りの風景を楽しむことから、ですね。