読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

だからこそ問われるプライドの意味

ようやくJ2に残留しました。去年降格した3チームが残り2節になっても来季のディビジョンが決まっていない、というのは割とよくある事なのでしょうが、まさか斜め上を行く形でこうなるとは思いませんでした。いえ、去年の騒動の辺りから少しは覚悟してはいました。でも、まさかその覚悟を余裕で超えるような事態になるとは思わず、ただでさえ豆腐並みのメンタルがボロボロに崩れ去り、つらいつらいばかりを書き、他のチームの結果を気にして都合のよい結果を願ったり、とかなり荒廃した日々を送っていました。

残留争いというのは実に恐ろしい物です。

 

あと1を自力取れば残留という山口戦は出先で結果を追っていたのですが、とても気が気ではなかったです……。有利な立場なのはわかってはいましたが、それでも「もしかして」との気持ちが去来していました。

結果としては退場者を出しながらも、一時は山口に逆転を許しましたが追い付きアウェイで山口に2-2と引き分けて勝ち点1を獲得、ようやく残留が決まりました。

本当に長い戦いで、山形サポーターをやっていて忘れられない一年になったのではないかという状況でした。来年はこういう事になるのはもう嫌だ、とは思うのですが多分このままだとまた巻き込まれてしまうでしょう。

 

しかし、来年の前にもう1試合、北九州戦が残っています。まだ終わってないのです。確かに残留は決まっています。でも、それで終わりでよいのでしょうか?山形が目指すのはもっと高いところだったはずではないでしょうか?残留したからそれでいい、それで終わるようなチームではないはずです。

プライドをかけて、とは言われますが残留が決まった今だからこそ、問われるプライドも確実にあります。

 

"We're proud of YAMAGATA"

バックスタンドの横断幕の文言です。

残り1試合、山形を誇りに思えるような戦いを見せてください。