Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

気持ちを単なる精神論と片付けれられるかもですが

それでも、時として気持ちの強さが状況を大きく動かす事もあるのです。

 

長崎戦は1-0での勝利でした。しかし、そこまでの道のりは険しいものであり勝たないと、という気持ちは選手サポーター共に強かったでしょうが、それでも難しいものでした。

迎えた後半ロスタイム、このままだとドローという状況の中で途中交代のルーキー永藤選手が放ったシュートは一旦相手GKの手で弾かれますがポストに当たりゴールへ。

実際に映像を見ましたが、本当に気持ちでつかんだゴールだったというか、映像を見ながら何度も「ながとうううううううううう」「あゆむううううううううう」と叫んでしまった程のゴールでした。

今年の山形らしくない、と言われるゴールではありましたが逆に言えばそれが今年のチームに今まで足りなかった物だったの知れません。

時期は遅すぎるかもしれませんが、それでもやっとそれを見せてくれた、というのはとても大きいです。

 

でも、まだ何も決まってません。今度こそ決めるために必要な物を掴みに行きましょう。