読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

今はまだやまない雨の中で傘もなくて

松本戦はチームの置かれている状況を考えれば1でも儲けものだった試合で、0でも仕方の無いと言えば無い試合だったのですがそれでも悔しいのは元いた選手に綺麗にやられてしまったりした事なのでしょうか。

ディエゴ選手の一発退場が最後まで響く形となってしまい、このような結果に終わってしまいました。何にせよ、これが現状の山形の限界なのかもしれません。

残された時間はあまりにも短いですが、その時間の中でここで終わりじゃないという所を見せてください。最後の最後の意地を、今こそ見せてください。まだまだやれますよね?

 

 

今はサッカーを楽しめ、とは言いません。私たちもとてもではないですがサッカーを楽しんでいる状況ではありませんから。

プロなんだから、とか言う気もありません。私達にはプロの気持ちはわかりませんし、所詮は暇潰しで来ている一観客ですから。

ただひとつ言いたい事があるとすれば、私達の愛したものを、大切にしてきた物を面白半分や野次馬根性で揶揄されたくないし、そのような連中には負けたくない、という気持ちがあるという事です。

 

これからの相手は厳しいところが続く上に、ライバルのクラブも好調で追い抜かれる危険性は十分にあります。というかそれが本気で怖いです。

この数字あれば大丈夫、だなんてとてもではないが言えません。

山形を取り巻く状況は逆風ばかりで、とても耐えきれるような物ではありませんが、それでもやっていくしかないのです。サポーターがここで折れてしまったら、辛い状況の選手を支える人がいなくなってしまいますから。

 

 

山形の事を気にして心配してくれる皆様、その力をほんの少しでいいので、この苦境の中にいるチームにください。その応援があれば、選手たちは勿論サポーターが前を向くことが出来ます。

 

 

今は最悪だけれども、いつかきっとまたあの虹を見ることが出来るだろう、そう信じています。