読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

苦境でのモチベーションの保ち方

さて、見ての通り山形の状況は非常によくありません。難しい状況です。サポーターをしていてもここまでという年はない位です。

チームの状況が悪い中でサポーターをやっていくのも大変です。文句も増え口を開けばクラブへの愚痴、というのは精神的にもよくありませんし何よりも周りの人に不安を与えてしまいます。

そこで、大事なのがサポーターを続けて行くためのモチベーションです。

 

サポーターを続けて行くために一番大切な事、それは……

 

サッカーや愛するチーム以外に熱中できるものを持つ

 

これにつきます。いえ、こういうサッカーネタだけのブログの人に言われてもという感じはあるかもしれませんが。こう見えても自分の創作のこととか時々妄想は吐き出していますし、ゲームとかもやっていたり、この間はシンゴジラを見に行きました。

ですが、サッカー以外に熱中できる趣味を持つのは重要なことです。私も山形サポーター歴は長いですが、その中で長く続けている人はサッカー以外にも同じように熱く熱中できる趣味を持っています。

サッカー以外にも熱中できるものがあるのは、裏を返せばサッカーで何か辛い事があった時にそれを忘れられるような、逃げ場があるという事です。

愛するチームがあるならそれだけに金を使え、他の事はするなみたいに言うサポーターもいますが、極端な言い方をしてしまえばそういうサポーターほど他のストレス発散の場がなく憂さ晴らしをとんでもない方向でしたり(実際にそれに近い事を言ってたサポーターのチーム後で問題起こしましたし)、それと真逆に一気に興味が覚めてしまうというのが起こります。熱すぎる気持ちというのはどこかで反動が出てきてしまうのです。

それを別の形で発散する、クールダウンをする、そういう場を持つ事で長続きします。別の趣味の方に行ってしまうのではないか、ですか?それは不思議とないです。逆に言えば別の趣味に行って戻ってこないならサッカーはそれまでだったという事です。

そうでないから長くサポーターを続けて行けるのです。

 

別のチームを見ていくもよし。大丈夫です。海外では「地元のクラブと世界的ビッグクラブ」の両刃使いも珍しくありませんし、いくつかのクラブを見る事でわかってくる物もあります。どっちかが負けてもどっちかが勝てばそこそこ気持ちは保てます。両方の場合はまぁ……。

他のスポーツも見ていくもよし。スポーツ同士の対立を煽る人間なんてどっちのファンでもないです。同じ地域だったりしたら推しクラブとの交流がより楽しめるかもです。

アニメや漫画やゲーム、それも結構です。私論ではありますが、スポーツのように相手があって相対的で誰かと競争するような物を趣味に持っている場合、アニメや漫画やゲーム等のように誰かと競うわけでもなく基準を自分の中に設けてる趣味があると心の平穏が取れやすくなります。

 

推しと趣味は変えるものじゃなくて増やすものです。

 

趣味が見つからない、そんな人もいるかもしれません。ですが焦らなくても良いのです。貴方が好きなチームと出会ったように、趣味の種はどこにでも転がっています。

犯罪とか悪いことでもない限り、どんな事にでも興味を持ってください。それが新しい趣味になるかもしれません。

アウェイ遠征でたまたま行ったあれが楽しかった、とかあの選手のチャントの元曲いい歌だな他の曲も聞いてみよう、とかサポ仲間さんが興味を持ってたあれ面白そうだな、それでもOKです。

 

サポーターよ、サッカー以外の趣味だからこそ大切にしなさい、長くサポーターを続けるために。

 

長くなりましたが私から言える事は以上です。