Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

スタ飯食べに行っただけじゃないんです、諜報活動の一貫なんですこれは

山形のホーム開幕戦は来週ですが、新潟在住山形サポーターとしてアルビレックス新潟のホーム開幕戦を見に行きました。山形サポーターを名乗るなら山形だけを、というのもそれはそれでひとつの考え方でもあるのですが、違うサッカーを見てこそサッカーをより深く楽しく味わう事が出来るというのが私の考え方であり、自分に伴侶がいたとしても伴侶とは別の相手とも付き合いをするでしょう、そういう物です。


f:id:mai_n:20160312202812j:image

牛スジ煮込みご飯(700円/越後大福)

「平らにして持ってください」と言われたにも関わらず、不慮の事故で平らではなくなってしまったが故につゆがこぼれてしまった写真になってしまったのをお許しください。
牛スジ煮込みというと醤油味のイメージがある方もいますが、この牛スジ煮込みは「和風ビーフシチュー」とも呼ばれているように濃厚な味噌のような感じで、とてもコクがあります。ご飯なしでも売っていますが、かなり濃いのでご飯もセットにするのをおすすめします。ご飯にビーフシチューが好きな人はきっと気に入ってくれるでしょう。

と、ビッグスワンでの最近の個人的な定番品を上げたところで本題について。

まず、アルビレックス新潟の監督である吉田監督の名前を聞いてメロディーをつけずにはいられない人がいたらかなり年季の入った山形サポーターと思われます。1999年最終戦でのフリーキックでの一発は大分の昇格の希望を奪う魔弾となった、モンテディオ山形の歴史を作った男の一人、それがこの吉田監督です。私も見た事があるモンテディオ山形のOBが監督をやる、というのは時代の流れを感じるものです。
その経験が故にこのようなサッカーを志向しそして…………というのはわかるはずがありません。長くサッカーを見ているだけのサッカー素人ポエマーですから。

結果から言いますと、新潟は1-2での敗戦を喫してしまいました。途中にラファエル・シルバが2枚目のイエローで退場してしまった、というのも大きかったでしょう。ラファエル退場以降は明らかに形が作れていませんでしたから。それでも最後まで持ちこたえられればまだ良かったのですが、最後の最後で相手の得意なセットプレーで沈められてしまう形になってしまいました。
点を取れない割に失点があっさり、というのはあまり良くないチームの兆候なのでなんとか改善して欲しいところではあるのですが、次節はラファエルが出場停止。果たして。



f:id:mai_n:20160312204958j:image

豚串(550円/高嶋ファーム)

何の脈絡も無いですがブラックペッパー味の豚串です。焼きたてが美味しい。意外とこれ一本でお腹一杯になれます。人気なので少し遅いと行列になるので、早めに行くのをおすすめ。


そんなビッグスワン観戦でした。他のチームのスタジアムに行くとまた違ったスタジアムグルメ……げふんげふん、発見があっていいですね。