読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

いつの間に偉大な番号になっていた、「19」

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2015/n-00005041/

秋葉選手のFC岐阜への完全移籍が発表されました。2001年にモンテディオ山形に入団し、その頃は当時の監督から暗に「Jリーグのレベルではない」と言われてしまった過去もありましたが、そこからの成長には目を見張る物がありました。そして、いつの間にかモンテディオ山形に欠かせない選手となっていました。
今はコーチとなっている、初代ミスターモンテディオ高橋健二さんと共にプレーし、背中を追いながら、気がつけば二代目ミスターモンテディオを襲名してもおかしくない立場になり、数少ない山形県出身選手として愛されました。
年に一回のスーパーゴールはいつしか玉こんキャノンと呼ばれ、もっと見たいなぁとサポーターの間で語られていました。

そんな秋葉選手が金沢へのレンタル移籍をしたのが今年の始め。初めて山形を離れるのに不安を感じたサポーターが多かったものの、金沢で主力選手の一人となり、そしてその秋葉選手を見に金沢へ行った人もいる、それだけ愛されている選手でした。
今年のJ1を共に戦いたかった、という人も多かったのではないでしょうか。

そして、FC岐阜への完全移籍が発表されました。レンタル、ではなく完全移籍です。チームの編成上やむを得ない事であるとは言え、それでも寂しさはあります。二代目ミスターモンテディオになれるかもしれない、そんな選手とこのような形で別れる事になってしまったのですから。
秋葉選手からのコメントからは、本人の悔しさがにじみ出ています。ずっとこのチームでやりたかったでしょう。でも、それが出来なかったのです。コメントを読んで、改めて秋葉選手に申し訳ない気持ちで一杯になりました。

秋葉選手、今までありがとうございました。FC岐阜での活躍を期待しています。

今後また誰かが背番号19を付ける事もあるかもしれません。でも、私の中での背番号19は秋葉選手以外はありません。