Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

いつになく真面目な記事になった日程の話

あまりの悔しさに昨日はほぼ一日家でゲーム三昧でした。ポケモンはあまりにも時間泥棒過ぎる……。

ここで、天皇杯?それって何でしたっけ?というのも気持ちを落ち着かせる意味ではよくても頑張った選手達にちょっと失礼すぎる気もしたので、とりあえずそれは明日辺りに書くとして山形にも関わる重要なニュースを。



これ。J1の開幕が2月になる(とは言ってもほぼ3月に近い2月末でカレンダーの関係もあるので、ここでやたら秋春制ガーとか大袈裟に広めている人は疑いましょう)のは以前から知られていましたが、J2もそうなるようです。
私としては、各種中断に大きな影響の出ないJ2はもう1週遅くなるのかなと考えていて、実際にJリーグから出された案はもう1週遅かったようですが、平日開催が増えるのを嫌がったクラブ側がもう1週早い開幕を要望したようです。
1週早い開幕ですと、そこに大きな影響を受けるのが記事中に名前の出ている山形や松本他に金沢で、今まではこれらのチームは開幕2連続アウェイとする事で、雪のリスクがより少ない3月後半以降にホーム開幕戦をする事が出来ていました。しかし、これが1週早くした上で開幕2連アウェイとすると通常通りの場合3月中旬前に開催となってしまいます。
たかが1週間くらい、と非積雪地域の方からは言われそうなのですが、現地住まい(山形より南ですが山沿いの日本海側地域)の立場からすれば1週違えば全然違います。雪の溶ける時間もありますし、3月の頭はまだまだ寒くて春とは思えませんが、中旬以降ですと晴れる日も増え陽気も暖かくなります。勿論年による差も大きいのですが、だいたい3月の半ばごろはまだ雪が降る可能性もあり、日差しも冷たいです。
新潟は仙台は、と言われますが仙台はそもそも雪は山形ほど降りませんし、新潟市内も思ったよりは降らないです。2014年にあった中止の際は、本来ならばその時期には降らない想定の外にあった雪が降ったのと、ビッグスワンの構造上の理由で積雪の際に危険があるから、という部分です。
そこに対する落とし所としては3戦連続アウェイが記事中で触れられていますが、まぁまぁ良いのでは無いでしょうか。私自身も、どうしても1週早めたいのならば、特例として3連続のアウェイを認める形を取るべきだ、とは思っていましたので、それが通るのであれば、2月末でも問題はありません。ところで記事中には見込み、とありますが実際3連続アウェイするんですよね?そうでなかったら……。

勿論練習はとか連続のアウェイで選手がかわいそうだ、とかあるのでしょうが、それならばそれで平日開催が増えるという所もありまして。私自身としては早めるくらいなら平日開催が増えてもと思うのですが、クラブとしてもそれを受け入れるのは難しいでしょうし。

ちなみにこの際なので、この記事で秋春制についての考えを表しておきますと、「反対はしない、ただしそれは積雪時期の開催を出来る限り避ける努力をした上で、それにより大きな影響の出てくるクラブが傾いたりしないように配慮をした上の事で、譲歩できる所までは譲歩する、ただしそれ以上を強要するのであれば反対は辞さない」と言った所です。
絶対反対、ではないです。昔ある人が言っていた制度であれば反対でしょうが、今考えられてる案はウィンターブレイク(これは諸外国でもあります)を含んで日本の気候も考えられていたり、また雪での開催も強行しなくなりました。雪の中でもやらせるつもりなら、2013年の松本や去年の新潟や甲府もそのまま開催してたでしょう。それをしなかった、という事は厳しいほどの雪の中でもやらせるつもりはない、という事です。
秋春制で過ごしやすいスタジアムは現行制度でも過ごしやすいスタジアムですし、現に今でも3月や11月末のように寒くかつ雪の可能性のある時期での試合もあります。
制度に拘るのではなくて、どんな制度でもクラブ経営が傾かない、クラブが潰れないようにしていく事が大事なのだと思います。



モンテディオ山形を楽しく応援していくサイト、なのにいつになく真面目な事を書いてしまいました。
あと、ついでではありますがこの機に乗じて、雪国のチームなんか潰れてしまえとか、あんな所でサッカーするな、とか、該当者からしてみれば感情的に言い返したくもなるような意見もその絡みでは目にするのが残念です。
新潟や松本や札幌の観客動員数はJの中でも有終な方ですし、雪国とされる地域から日本代表選手も出てます。昔を考えればこれ、立派な事なんですよね。
それらの地域のサッカーの盛り上がりを潰さずに、Jリーグや日本サッカーがより良くなっていく事をねがっています。