読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

現実に戻ってもまだまだ戦いは続く

ライブに参戦するの参戦って何と戦うんだ?と言われたのに「ライブが終わった後の現実」というコピペがどこかにありましたが、まさにその通り。ちょっと現実と戦ってました。エスパルスも強敵でしたが現実もそれ以上に強敵でした。くそっ現実が勝ちロコ歌ってやがる……。


そんなこんなで思い出も一杯、リアルタイム観戦記が謎のディーオブラザーズに乗っ取られつつも無事に帰ってこられました。これで今シーズンのホーム観戦も終了しました。天皇杯でホームでという可能性が無きにしもあらずかもしれませんが、多分無いでしょう。


くだらないリアルタイム観戦記ではありましたが、読んでいただいた皆様誠にありがとうございます。楽しんで読んでいただけたのであれば幸いです。


試合の感想についてですが、一言で言うのであればシーズンの最後の最後になってスイッチのかかりが遅いというのもどうなんでしょう。せめて前半から気持ちの入ったプレイというか、そういうのが見えていれば多少は違ったのでしょう。
ディエゴのゴールはとても素晴らしかったですが、それも遅すぎた感じがします。あとは決定力不足にも相変わらず泣いた展開でした。後半あれだけ行けてて点取れずに、しかも個々の力の差はあるとはいえそれでも順位としては最下位の相手に決定的な追加点取られる、というのは……。
降格がきまったから消化試合ではなく、順位をひとつでも上で終わるためにも、勝っておきたかった試合でした。でもまだ残り1試合アウェイのガンバ大阪戦があります。そこで勝ち点を取って何とかひとつでも上の順位で終わって欲しいですね。
そしてその前には天皇杯鳥栖戦があります。鳥栖には去年のリベンジを狙う気持ちは間違いなくあるでしょう。ザッケローニとかマガトとか予算が増えるって何だよこのやろう、こっちは予算が増える見込みもないままカツカツでやってるんだよ、同じJ2オリジナル10なのに知らんうちに金満クラブになって、しかもJ1残留しやがってこっちはJ2だぞとの鬱憤を一気に晴らすくらいの勢いで鳥栖に向かって戦いましょう。


サガン鳥栖ガンバ大阪という二つの金満クラブに立ち向かうモンテディオ山形を応援してます。ちなみに大阪行きの高速バスは未だに取れません。