読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Find the rainbow,Find the blue !

モンテディオ山形サポーターのサポーターでありたい立場から、モンテディオ山形の楽しさを伝えたい

この数日で2敗

岡山戦は1-2での敗北となりました。岡山は勝った試合もあることはあるのですが、それでも負けた試合の方が多く、山形サポーターにとっては苦手意識の強いチームになっています。………岡山が昇格してからすぐの年に、ファジフーズそんなに大したことなかった、と言ったのが不味かったのでしょうか……。

今となってはチームの実力も、規模も既に追い抜かれつつあるというのが何ともまぁ、と言いますか。………この辺りを考えると辛くなるのでこれ以上はやめておきます。

そしてひとつ言えることがあるとすれば、試合途中で負傷した鈴木選手のことです。離脱期間が長い怪我でなければよいのですが……。今年も怪我人に悩まされるのかと思うと頭が痛いです。

 

 

そして今日の練習試合も。天皇杯の予選ではJ3福島に勝ち高額のクラブハウスも建てる、と近いうちに追い抜かれるんだろうなぁとの危惧も抱いているいわきFCとの練習試合でしたが、課題の残るスコアに終わりました。

どうやら話によると控え組と練習生を中心にしたメンバーだったようです。今後を考えると控え組によりいっそう奮起してほしいところではあるのですが、こうまでですと……。

まぁ、この敗戦を糧にしてください。まだこの時期にわかったのは救いです。スタメンの選手を脅かすような活躍、期待しています。

 

 

観客を増やすために必要な物は。

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00006905/

 

前日に話が出て、あまり特に変わったような物ではないのだろうなと思っていたらその通りでした。クラブの話を少し聞いてはいたのでそれほど大きな事は出来ないだろうなとは感じてはいましたが……。

割と大きく告知していて、実際は招待事業であったという所から批判も多くあるようです。

 

この招待事業は、該当の市町村に住んでいる人に対して、Jリーグチケットに登録しQRコードでチケットを発券するという物です。

2週間以上前からの事前の受付と少しの処理が必要になった代わりにチケット代が安くなった市町村応援デー、とも言えるのでしょうか。

この点を受けて無制限に招待券を配るのは云々、という声もありますが該当の市町村だけに限っていますし、受け付けも2週間前までになっているので招待の対象は一応は絞られている事になります。

とはいえ、ただ招待しただけではチームに残るものは少ないです。招待した人に対して何故行こうと思ったのかとか招待がなければスタジアムに行かなかったのか、等のアンケートを行って情報を集めて、より多くの観客を集められるように役に立てて行って欲しいです。

集めてそれで終わり、ではかつての新潟と同じ事です。悪いのは招待事業ではなくて、その先に繋がらない招待事業です。招待も上手く使えば大きな武器になる可能性もあります。

コアなサポーターとはまた違う人の声を集められる大きなチャンスでもあるのですから、それを活かしてより良いスタジアムを作って行ってください。

地元の人が応援してくれる為には、地元の人が「強いチームならば他にもたくさんあるけど、自分はこのクラブを応援したい」と思ってもらえるようなクラブを作ることです。

出来る事もあれば出来ない事もあるでしょう。ですが、手の届きそうな物はどんどんやっていって、「うちは地元なんですから応援してください」と言って応援してくれるのを待つのではなく、ここにしかない魅力を作り、チームに愛着を持って貰える、そんなチームになって欲しいです。

 

 

 

 

招待事業の話から広がりに広がってこちらでも収拾の付かない事態になってしまっていますが、本当に言いたいことはそれなんです。お客さんが増えるにはクラブに愛着を持ってもらう、それに尽きます。そして果たして今のモンテディオ山形は、愛着を持って貰えるようなクラブなのでしょうか?

 

 

これは「不思議の勝ち」だった

好調の東京ヴェルディを迎えてのこの試合をdaznで見ていましたが、本当に良く勝ったな、と言える試合でした。というのも、前半は東京ヴェルディの攻撃に苦しめられ、かつこちらはよい形での攻撃が出来ないという有様でした。

ヴェルディは今年から就任したロティーナ監督のサッカーがとても良く浸透していて一時は首位に立つほどで、色々な所でそのサッカーが良い評価を受けていました。スペインと言えば攻撃のイメージがあるのですが、それとは逆で守備に良いものがあるサッカーでした。故に前半は殆どチャンスも作れなかったとも言えるのですが……。

ハーフタイム中のプレイヤーインタビューで瀬沼選手が一発ギャグとして「何にもセヌマ」と言っていたそれが、頼むから今日はそれだけはやめてくれと全くギャグとして受け止められなかった、そんな試合でした。

後半は何とか盛り返した物の、児玉選手のボール処理ミスであわや1点という場面があったり安定しなかった中で、ここぞというチャンスを汰木選手が決め、それを守りきり1-0と勝利しました。

 

やはり勝利というのは嬉しいものですね……。時には苦しい事もありますが、こうしてひいきチームに係わる人達が皆喜んでいるのを見ると嬉しくなります。

そして、なかなかゴールを決められなかった汰木選手も本当に良い顔をしていました。今までの状況に思うところもあったのでしょう。まだまだ伸びる可能性はあります。これからの活躍に期待したい所ですね。

 

ただ一方で喜んでばかりもいられないのは確かで、ヴェルディは多くのシュートを打っており決定力の無さに助かった場面もありました。もしどこかで1点決まってしまえば2点3点と続きかねなかったかもしれません。

勝ったとは言え、明らかに反省点の多い試合でした。この試合で見つかった課題を改善し、次へ繋げていってください。この反省点を糧と出来るかどうかで、今後のチームにも影響が出てくるのですから。

 

サタデーインザパークを楽しもう

2週連続のホームゲームです。先週の大分戦のように日曜17時と勝っても負けても寒い以外の感想が出てこない時間ではなく土曜14時と良い時間なのですが、一方で学生さんや土曜日勤務の方は行けないという側面もあり、一長一短ですね。

 

以前の更新で「前回はもっと早く開催概要が出ていたのに遅い」と書きましたが、大分戦の案内の日付は3月31日となっていたので、福岡戦とだいたい同じ時期には既に出ていました。出てないものだと思い込んであのように書いてしまいすみませんでした。

ですが、ニュースのページに開催概要の更新が無かったので(私が見逃したという可能性もありますが)、てっきり用意されてない物だと勘違いしてしまいました。できれば毎回ニュースリリースに開催概要のアップロードを知らせていただけるととてもありがたいです。

 

 

http://www.montedioyamagata.jp/news/y-2017/n-00006881/

そんなヴェルディ戦の開催概要はこちらです。

私が以前に指摘した事で発売が延期になってしまった(考えすぎですね)デミタスマグカップが発売されます。これを見ると青だけで茶色はもうちょっと後になるのでしょうか。温かい飲み物も飲めるマグカップならば欲しいですね。

 

また、バスケとの日程も見つつ、もしかしてこの日?と踏んでいた山形プロスポーツデーも行われます。

ちょっと山形サポーターとしては色々と複雑な所もあるのですが(詳しくは書きません。察してくださいという話です)、バスケもバスケでまたサッカーと異なる面白さがあるので、興味があればぜひ見てみてください。

バスケも見始めたので、都合が合えばヴェルディ戦とこちらも行ってみたかったのですが……。

前にあった時は、サッカーのユニフォームのままアリーナに来たサポーターがとても多くて、チームカラーが紫の筈なのに何故か青く染まっていたという事になっていました。一応、今回の相手のカラーは赤なのでそこは問題ないようです。青の茨城や青森だったらまずかった気がします。

 

バスケのワイヴァンズは一部でこっそり「ミスター5割」と呼ばれているように、勝ったり負けたりを繰り返していますが(バスケを見始めたレベルの知識です)、このプロスポーツデーは5割とは言わずに折角のプロスポーツデーなのですから、モンテディオも両方勝って行きたいですね。

大きな2勝目

長かった……長かった、です……。やっと、やっと、2勝目が!しかもホームで……。嬉しいです。去年のこの時期は町田ショックで行こうとしていたTRPGのコンベンションも行かなかった程だった事を思えばこれがどんなに素晴らしい事か……としみじみしつつ。

ちなみにほぼ1年後の今日は長崎戦の後でとても引きずってしまった経験を受け、試合の事を忘れて何かの楽しみが必要だ、と思いTRPGのコンベンションへ行って来ました。

サッカーもいいですがそればかりではなくどこかで息抜きできる物があるのは精神的にも良いので、何か良さそうな趣味を見つけるのをおすすめします。今はなくても趣味があなたの方を選んでくれます。

 

それはさておき、讃岐戦からずっと無得点の試合が続いていたのもあってか久々の複数得点は本当に良かったです。

後で公式のツイートを見て、2-0のリードを2-2に追い付かれていて、これはリアルタイムで速報を追っていたら気が気じゃなかった物だったというのを確認しましたが…………そこは課題として取っておくとして、今このチームに必要なのは内容はどうでもいいのでとりあえず勝つ事であると考えていたので、とにかくここで勝ち点3を取れたのは一番の収穫です。そしてこれがホームでの今シーズン初勝利にもなりました。ホームで勝つというのはサポーターにとってとても大きな所ですからね。全てのサポーターにとって大きな1勝になったのではないでしょうか。

 

次もホームでの試合になります。相手は好調の東京ヴェルディですが気を引き締めてまた勝利を目指しましょう!

 

 

 

 

 

最初から期待しなければいい、それはわかっているのですが

この時期に日曜17時開始ですと……。寒いし更に観戦している人にも負担が大きいという。この間の甲府札幌が同時間のdaznの特別枠になっていたので多分その枠に当たったのかもしれませんが。

それより……。今木曜日なのですが日曜日のゲームの案内が未だに出てないのは如何なものなのでしょうか。スタッフの人手が無いとはちらっと聞いてはいますが、前回の福岡戦は同じ日曜開催で1週間前には出ていたのに。

なんというか、最近のチームからうっすらと感じる物として、切るべきところとそうでない所を間違えているというか、わかるけれどもそこを切っていいのか、という印象があるのですね。

今までチームが守ってきた、大事な物を切っていく方向でいてはいずれ他のものに越されてしまうでしょうね。何とは言いませんが。そうして潰そうというのが彼らの手口だ、と言われてしまいそうで。

モンテディオを本当に地域の宝だと思って貰うようにやるしかないですね。はっきり言って、山形が前節対戦した長崎のようになったとしても誰も助けてくれないでしょうね。だからこそ、です。

 

長崎戦を見て「残留争いに巻き込まれなければいいな」から「残留争いを勝ち抜ければいいな」にクラスチェンジした精神で色々と考えてしまった悪い影響が出ているのかもしれません。

何とかこの状況を打破できるような1勝が欲しいですね……。

この敗戦を次の糧と出来るチームになれるか

初めての敗戦でした。まぁぶっちゃけて言えば完敗ですね。殆ど何もさせてもらえずに、相手がちゃんと決めるべきタイミングで決めてきた、ただそれだけの試合でした。讃岐や福岡がたまたま失点しなかっただけなのだというのがとてもよくわかりました。

メンバーを大きく変えて臨んだ試合ではあるのですが、このメンバーが大きく変わってしまったというのが公式に発表された負傷者も含めて8人と大量の練習回避者が出てメンバー組みも難しかったという理由もあるのでしょう。その状態で好調の長崎に挑めばああなってしまうのも仕方のない所ではあるのかもしれませんが、そこを何とかするのも監督の仕事であるのも確かです。

選手が戻ってこられる事を願いつつ、次のホーム戦へ向けて修正するところを修正して次こそは勝ち点3を勝利を取ってください。

開幕戦のようなすっきりとした勝利がホームで見られる、それだけを願っています。